記 事

「ドラゴンボール」、時代を越えるその絵の力

こちらのコンテンツは、PingMagからの許諾を得ての転載となります。
元ページの記事はこちら。元ページの英文翻訳記事はこちら

1980~90年代、全国の少年少女を魅了したマンガ「ドラゴンボール」がいままた日本で人気を集めている。きっかけは原作者の鳥山明氏が原作・ストーリー・キャラクターデザインで参加した17年ぶりの新作映画「ドラゴンボールZ神と神」の上映。主人公の声優をつとめる野沢雅子氏が「キャラクターもストーリーも往年のファンを裏切らない」というように、20年以上前の作品がいまでも通用するのはなぜか。展覧会の原画や作品を見ていると、洗練された絵柄、時代や国境を超える世界設計が大きいのではないかと思う。そしてこのエッセンスは確実に、「NARUTO」など現代の少年バトルマンガにも継承されているのだ。

ドラゴンボールは鳥山明氏が1984年、週刊少年ジャンプで連載を始め、1995年に最終回を迎えた。ジャンプが600万部を超える販売部数を誇った時代を支えた作品のひとつだ。どんな望みもかなう伝説の宝物「ドラゴンボール」を探す冒険物語であり、主人公の孫悟空の成長譚でもある。連載開始当初はギャグテイストが強かったが、徐々に強い敵が増え、「少年バトルマンガ」となった。

dragonball01-1

[左]1985年発行の第1巻(旧表紙カバー)[右]1995年発行の最終巻(旧表紙カバー)

新作映画の公開を記念した展覧会「鳥山明The World of DRAGON BALL」では、懐かしいコミック原画200点が用意され、東京会場には多くのファンが訪れた。(4月までに東京・大阪で開催されたほか、7月には名古屋でも開催予定)孫悟空の登場シーン、フリーザとの戦いのシーンなどどれも原画を見ているだけで物語を思い起こさせ、わくわくしてくる。

dragonball03

2013年3月27日(水)~4月15日(月)に、日本橋髙島屋8階ホールで開催された

dragonball04

会場内には入場者が「かめはめ波」を撮影できるブースを設置

東京の会場で改めて原画や翻訳版をみると、鳥山氏の描いたドラゴンボールが世界中で受け入れられた理由が見えてくる。1つは国境を越える世界設定だ。ドラゴンボールは中国の小説「西遊記」に近い中華的な世界観をベースにしながらも、海の近く、砂漠、街中へと広がり、地球上のどこの国と特定させない描き方がされている。特に連載が始まった初期のころはその傾向が強い。孫悟空が住んでいるのは中華風の家。でも海の近くに行くと、木造の洋風の家に。広大な大地、個性的な造形のメカニックのあふれた都市。様々なカルチャーがミックスされた様子が背景画を見ているだけで実感できたのだ。だからこそ、世界中の読者が「違う国の話」ではなく「近くにあるかもしれない国の物語」として、入り込むことができたのではないだろうか。

dragonball01-2

[左]コミック3巻、[右]第12巻(いずれも新表紙カバー)同じような南国の風景だが、一方アジア、もう一方は西洋世界を想像させる。

dragonball02-1

2003年発行「ドラゴンボールランドマーク」、2004年発行「ドラゴンボールフォーエバー」。この他、設定を掘り下げるガイドブックが各種発行されている

もちろんキャラクターの魅力も大きい。登場人物の顔は基本的に、1本のシンプルな線で輪郭が描かれている。1本の線にいろいろな意味を込めて描くのは、複数の線を使うよりも難しく集中力がいることなのだそうだ。この線で鳥山氏がキャラクターを描いた結果、それまでのマンガ作品にはない垢抜けた造形を持つキャラクターが生まれた。「実録少年マガジン編集奮闘記」では「鳥山明らジャンプの新人たちがかくマンガは週刊少年マガジンが築き上げてきたものとまったくちがうとおもった」とかかれている。それは物語の作り方はもちろん絵柄の違いも大きかったのだろう。これは鳥山氏のデザイナーとしての能力も影響しているだろう。あるデザイナーの友人は、「構造からとらえて人物を描いている」と指摘する。鳥山氏は元グラフィックデザイナーであるため、キャラクターの感情や音を表現する擬音についてもグラフィック的な仕上がりを意識しているようにみえるそうだ。鳥山氏自身も「マンガ脳の鍛えかた」(集英社)内のインタビューで、「デッサンをたくさん描いたりした」と答えている。それまでのマンガ家はマンガや絵画を見ながら絵を描く力を鍛えていた。それに対し鳥山氏がグラフィックデザインの素養を持ってマンガの絵を描こうとしたことで、全く違う系統の「マンガ絵」が生まれたのだ。

dragonball03-01

[左]コミック41巻(新表紙カバー)[右]コミック10巻 表紙デザインにおいても、グラフィカルなデザインパターンを取り入れているのが分かる

dragonball07

2010年発行「マンガ脳の鍛え方(集英社)」

その絵の力は読みやすさにもつながっている。鳥山氏は「神は細部に宿る」を実践し、自動車のタイヤの溝の一本一本や、神龍のうろこの一枚一枚、洋服のしわまでまで書き込んでいた。洋服や自動車や飛行機などの機械類などどれをとっても「実際にありそう」と思わせるほどディテールが細かいものだった。天下一武道会のシーンでは、きちんと観客まで描かれ、いかに試合が盛り上がっているかが表現されていた。だがそれでいて、コマの中の情報は多すぎない。ある種、あまり絵を描くことにこだわらず、過不足ない量で抑えていたからこそ、テンポよく読める作品として世界で受け入れられたのだろう。

dragonball08

2002年~2004年にかけて発行された「完全版」。最終巻は初期版に加筆されている

dragonball04-01

[左]コミック28巻(新表紙カバー)[右]1990年発行「鳥山明the world」 ディティールまでこだわったバイクや自動車といった機械や、皮膚の質感まで再現する恐竜などの絵は鳥山氏の特徴のひとつ

このコマの配置も、テンポよく読める要素の一つだ。「マンガ脳の鍛え方」のインタビューでは「コマの構成を斜めにしたり大小、変化をつけたりします」と答えている。1ページのコマの数は4~5コマ、1話の終わりは次につながる印象的なコマを置いて終わる――少女マンガなどの一コマが「静」ならば、鳥山氏の一コマは「動」。全体的にコマの中もコマとコマの間もアップテンポな時間が流れているように感じられる。
dragonball09

2013年発行「鳥山明The World of DRAGON BALL」カタログ

dragonball10

1993年発行AKIRA TORIYAMA EXHIBITION「鳥山明の世界」展図録

マンガ評論家の南信長氏は「現代マンガの冒険者たち」の中で「ビジュアルの変革者」という系譜で、鳥山明を取り上げている。「手塚治虫のマンガ的表現にアメコミを加えたスタイリッシュな絵柄」とのこと。「冒険ファンタジー系の作品をかいている作家はすべて影響を受けている」としている。その証拠に、鳥山氏のキャラクターは登場から20年以上たった今、最新のマンガのキャラクターと並んでも遜色ない。映画の公開を記念して、同じ週刊少年ジャンプで連載中の「トリコ」や「ONEPIECE」のキャラクターと一緒に登場するアニメが放送されたが、はまったく違和感がなかった。「宇宙戦艦ヤマト」など過去の作品をリメイクするさい、キャラクターをデザインし直すのとは対称的だ。
dragonball11

震災支援企画で描かれたイラスト。そのキャラクターはいつの時代も子供たちを元気づける

垢ぬけたキャラクター造形、無垢で純粋な主人公、ペット的な脇役の配置、ギャグとシリアスなシーンのバランス。さらには鮮やかな色使い――ドラゴンボールを構成する要素を考えると、マンガ「ONEPIECE」や「NARUTO」がドラゴンボールの確立したフォーマットを継承していることがわかる。それほど鳥山氏の残したモノは大きかったのだ。

dragonball05-01

[左]ドラゴンボール完全版29巻、[中央]ONE PIECE 1巻、[右]NARUTO 1巻

今年3月末に公開された「DRAGON BALL Z神と神」は公開から23日間で動員数200万人を突破。興行収入は後悔から15日間で20億円を超えるなど、4月時点で、2013年公開の映画としては最速だ。映画館には、原作を連載で楽しんでいた世代だけでなく、子供の姿も少なくなく、「♪CHAーLA HEAD-CHA-LA~」とテーマソングを歌っていた。昔の子どもをわくわくさせたドラゴンボールは、そのままの姿で今の子どももわくわくさせ続けている。dragonball12

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

d's JOURNAL の一覧

  • d’s JOURNAL「広報・会議・資金調達…『ワールドトリガー』が重視する組織を強くする機能」を執筆
  • d’s JOURNAL「分業、スカウト、個人の成長…『ワールドトリガー』に学ぶ成果を出すチームのつくり方」を執筆
  • d’s JOURNAL「貢献できるのは「好き」より「得意」?『アオアシ』に学ぶチーム作り」を執筆
  • d’s JOURNAL「強いチーム作りは、サッカー漫画『アオアシ』指導陣に学べ!」を執筆
  • d’s JOURNAL「『ダイの大冒険』アバン先生に学ぶ、経験者の新たな活躍方法」を執筆
  • d’s JOURNAL「「普通の人」代表のポップが後輩になったら?『ダイの大冒険』に学ぶ育成術」を執筆
  • d’s JOURNAL「なぜ『阿・吽』は起業家の支えになるのか。孤独に耐える力と演出力を学ぶ」を執筆
  • d’s JOURNAL「『阿・吽』が描く空海・最澄の生き様から、起業家が学ぶべき3つの視点」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おおきく振りかぶって』に学ぶ、問題解決力が高いチームのつくり方」
  • d’s JOURNAL「水と油を融和する人材配置で、まだ世にないものをつくり出す『映像研には手を出すな!』(3)」を執筆
  • DOTPLACE の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 後編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 前編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • マンガは拡張する の一覧

  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 3/6「新しく作るより、既にあるものを書き換える。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 2/6「世の中は出会いに左右されている。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 1/6「『リアル脱出ゲーム』はほとんどの作品に対応できるハードなんです。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕3/3「ラクガキ大会で、改めてマンガを好きになってくれたのが嬉しくて。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕2/3「仕事系マンガに宿す『情報の置き土産』。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕1/3「作家と読者を、編集者がどれだけきれいにつなげるか。」
  • マンガは拡張する[対話編]3/3「マンガ家からすると『140文字も書ける』って素晴らしい。」
  • マンガは拡張する[対話編]2/3「『東京トイボックス』の頃にクラウドファンディングがあったら。」
  • マンガは拡張する[対話編]小沢高広(うめ)×山内康裕 1/3「作家が編集者を選ぶ時代が来る?」
  • 第2回「インターネットとマンガの現在(前編)」
  • greenz.jp の一覧

  • 本を通して生まれる、新たなコミュニケーションとは? 選書のプロと一緒に、これからの本について考えてみよう(後編)
  • 選書することに、どんな意味があるの? 選書のプロと一緒に考える“本を通じた場所づくり”のヒントとは(前編)
  • マンガを使った新しいマネタイズとは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(後編)
  • マンガの新たな楽しみ方とは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(前編)
  • マンガナイト×greenz.jpの新連載「マンガ×ソーシャルデザイン」開始!
  • NumberWeb の一覧

  • NumberWeb「なぜ炭治郎はこんなに痛がるの…? 『鬼滅の刃』爆発的ヒットを支えた「不尽のセルフ実況とは」を執筆
  • NumberWeb「きっかけはTV・ネット動画を見て練習…『ハイキュー!!』に描かれた“ありそうでなかった風景”とは?」を執筆
  • NumberWeb「大人気バレー漫画『ハイキュー!!』は、なぜ“立体的”に見えるのか? 他で見たことない!3つの表現法」を執筆
  • Number Web「体操になぜ採点があるのだろう。 漫画『ムーンランド』で考える。」を執筆
  • NumberWeb「『スポーツとしての大食い』の魅力。漫画でわかる意外な緻密さと奥深さ。」を執筆
  • NumberWeb「天下一武道会に闇のゲーム、リング。 漫画に学ぶ“新スポーツ”の発明法。」を執筆
  • NumberWeb「あだち充漫画のキャッチャーの魅力。 「太めで長打力」からイケメンへ。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガと舞台、謎の好相性。 テニミュとペダステの成功の理由。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガはなぜリアル化した? 2010年代の潮流を探る3つの視点」を執筆
  • PingMag の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガを持ってアキバに出よう 脱出ゲーム×マンガの可能性
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • 新たなマンガの生まれる場所
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • 日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る
  • マンガの未来と過去をつなぐ場所「立川まんがぱーく」
  • マンガ→アートの原点を探る旅
  • 最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界
  • 日本発 〇〇マンガ5選 の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • ROOMIE の一覧

  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.6公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.5公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.4公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.3公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.2公開
  • STUDIO VOICE の一覧

  • 『聲の形』(大今良時)……正解を模索する曖昧な往来
  • 『文豪ストレイドックス』(朝霧カフカ 春河35)……原典へと誘う“キャラクター化”の効果
  • 『王様達のヴァイキング』(さだやす)……起業家、投資家、ハッカー。現実に肉薄する描写
  • 『ケンガイ』(大瑛ユキオ)……SNS以降、人間関係の着地点はどこにあるのか
  • 『放課後さいころ倶楽部』(中道裕大)……熱気を帯びつつあるアナログゲーム界隈
  • 『ドライブご飯SAグルメ日記』(末広有行)……サービスエリアという「一期一会」の楽しみ
  • 『flat』(青桐ナツ)……“オープン・パーソン”の平熱感
  • 『さよならソルシエ』(穂積)……「与えられなかったもの」の処世
  • 『Baby,ココロのママに!』(奥山ぷく)……「虚親化」という、現代の新たな現象をめぐって
  • 『限界集落温泉』(鈴木みそ)……オリンピックと併走する日本の現実
  • その他 の一覧

  • ヌーラボブログ「新チームの季節到来!チームワーク・コミュニケーション・プロジェクト管理を学べる漫画10選」総評を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆”を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編「少年マンガらしさ」の体現”を寄稿
  • マンガ論争11に寄稿しました
  • 【アニメ!アニメ!】話題の有名人もゲスト声優に、「ONE PIECE」劇場3作品の意外な裏側
  • 【アニメ!アニメ!】国民的代表作『ONE PIECE』はデータで見てもスゴかった!
  • とっぴぃ の一覧

  • とっぴぃ豊島の選択にて『働きマン』レビュー
  • とっぴぃ豊島の選択にて『ミノタウロスの皿』レビュー
  • とっぴぃ 豊島の選択にて記事連載スタート
  • まんが王国ラボ の一覧

  • まんが王国ラボにて『山本耳かき店』(安倍夜郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『彼女のやりかた』(田所コウ)他レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『アダムとイブの楽園追放されたけど…』(宮崎夏次系)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『金魚屋古書店』(芳崎せいむ)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『バベルハイムの商人』(古海鐘一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『着たい服がある』(常喜寝太郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『いちばんいいスカート』『アドレスどちら』ほか谷和野作品レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『サヨナラコウシエン』(天久聖一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『エロイカより愛をこめて』(青池保子)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『妻に恋する66の方法』(福満しげゆき)ほかレビュー記事を執筆
  • クリスクぷらす の一覧

  • クリスクぷらす にて「モブキャラなんてこの世に誰もいない『ぷらせぼくらぶ』」を執筆
  • 「通信制高校ってどんなところ? 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』」を執筆
  • シミルボン の一覧

  • シミルボンにて『自虐の詩』(業田良家)レビューを執筆
  • シミルボンにて『珈琲いかがでしょう』(コナリミサト)レビューを執筆
  • シミルボンにて『私は主人公』(桐島いつみ)レビューを執筆
  • シミルボンにて『特務戦隊シャインズマン』(橘皆無)レビューを執筆
  • シミルボンにて『どうにもこうにも』(日下直子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『地球へ…』(竹宮惠子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆
  • シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆
  • シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆
  • シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆
  • マンガ・アニメ3.0 の一覧

  • マンガ・アニメ3.0「マンガミライハッカソン」プレトーク「マンガのシンギュラリティ」レポート
  • マンガ・アニメ3.0「『グルメマンガ』の世界――“豊食”と“飽食”の日本を記録したメディア」
  • マンガ・アニメ3.0 「拡大する「2.5次元」の世界」
  • マンガ・アニメ3.0「マンガを「学び」のツールに ――フランスにおけるマンガ事情レポート2019」
  • マンガ新聞 の一覧

  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『さんかく窓の外側は夜』(ヤマシタトモコ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『スケッチー』(マキヒロチ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『恋と国会』(西炯子)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『PSYCHO-PASS』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』(オノ・ナツメ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『江戸時代の経済入門!その弐』(アイタロー)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハイスクール・オーラバスター アーケイディア』(杜真琴、若木未生)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『十二国記』シリーズ(小野不由美)レビューを執筆
  • 東京マンガレビュアーズ の一覧

  • 東京マンガレビュアーズにて『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)レビューを執筆