レポート
マンガがつなぐ日本と世界  第1回

マンガがつなぐもの―国・時間・人―「マンガ!Manga!Mangà!-日系人とマンガの世界-」展

異なる国の文化やバックグラウントを理解することの難しさを痛感せざるを得ない事件が後を絶ちません。お互いを理解するためにはどうすればいいのか? その手助けとなるもっとも有効な手段のひとつがマンガだと思います。マンガには言語や国境を飛び越えて「伝えていく」力があるからです。この連載では、マンガが人をつなぐ力に注目して活動してきたマンガナイトの視点で、日本と世界をつなぐ接点となるようなイベントや展示・作品・人などを紹介していきます。
第1回となる今回は、日本と海外をつなぐ玄関としての歴史を持つ街、横浜で開催中(〜2015年2月15日)の展示「マンガ!Manga!Mangà!-日系人とマンガの世界-」の模様をお届けします。第0回でご紹介したケン・ニイムラ氏をはじめとした世界で活躍する日系人マンガ家の紹介から、離れた地で日本を想う日系人とマンガとの関わり方まで、世界をつなぐマンガの歴史と今がわかる内容です。

桜木町のワールドポーターズや赤煉瓦倉庫… 人気観光地のすぐそばに、JICA横浜という施設があるのはご存知だろうか? このJICA横浜内の海外移住資料館で「日系人とマンガ」をキーワードにした企画展示が行われている。小規模な展示ながら、世界の共通言語となった“Manga”の力を改めて感じられる興味深い内容だった。

image1 image2

JICAとは日本の政府開発援助(ODA)の実施機関であり、開発途上国への国際協力を行っている。そして、JICAの国内拠点のひとつであるJICA横浜では、かつて多くの移民が横浜港から旅立った歴史などから海外移住資料館を併設しており、日本移民史を学べる常設展示もある。

今回の「マンガ!Manga!Mangà!-日系人とマンガの世界-」は、ここでの特別展示にあたり、日系人と関係のあるマンガを下記の5つに分類して紹介している。

<移民史に関するManga>

日本人移民の歴史をテーマにしたマンガ

<日系人に関するManga>

著名な日系人や日本のイベントをテーマにしたマンガ

<日系人によるManga>

日系人自身が描いているマンガ

<日本語学習のためのManga>

日本語を学ぶためや、日本文化・歴史を知るためのマンガ

<マンガブームによるManga>

海外でのマンガブームが後押しとなり作られたマンガ

パネル展示18枚のほか、収集したマンガ75冊、3名のインタビュー映像を見ることができる。

image3 image4

展示のメインとなるパネルは丁寧な解説付きで、日本移民についても学べる。
<日系人に関するManga>の中には「バンクーバーの朝日」として映画化され話題となった、カナダ野球の殿堂入りを果たした日系人チームを描いたマンガ『バンクーバー朝日軍』の展示もあった。

image5

<日系人によるManga>の作品展示は、必ずしもストーリーが日系人に関係しているというわけではないが、歴史的な価値のあるものも多い。例えば海外で日本人が描いたマンガで最も初期のものとしてヘンリー木山義喬による1931年の『漫画 四人書生』(写真・下段左)がある。アメリカでの生活習慣の違いに悪戦苦闘する日本人学生の姿をおもしろおかしく描いたものだそうで、ほのぼのしたタッチに心惹かれる。

最近のものとしては日系スペイン人のケン・ニイムラの作品が展示されており、2012年に第5回国際漫画賞で最優秀賞を受賞した『I KILL GIANTS』(写真・下段右から二番目)、2014年の短編集『ヘンシン』(写真・下段右)は、アメコミやBDなど海外のマンガが苦手な人でも、シャープな雰囲気が日本のマンガに近く手にとりやすい印象を受けた。

1月17日(土)には、担当学芸員によるトークショーも開催され、日系人とマンガの関わり方や、展示作品についてより深く知ることができた。トークは日系人がマンガに描かれた(描いた)移住国に、どのように貢献しているかについて及ぶことも。

image6 image7

このスライドで紹介されているのは、南米で描かれた実在の日系人、または日系人として描かれたキャラクター。一目見ておわかりの通り、ほとんど一筆きのような細い目をしている。ブラジルでは日系人のことを、愛称として「オーリョス・ プシャードス(引っ張られた目)」と呼ぶそう。
昔の外国映画では、日本人を描くときのアイコンとして「メガネとカメラ」を持たせることが定番だったが、マンガ表現からも、外国人から見た日本人(=日系人)の特徴がわかっておもしろい。

image8

トークショーのなかでも興味深かったのは、各国への日本人移住百周年記念事業の一環として、マンガの出版が相次いだという話。例えば、ペルーには1899年、ブラジルには1908年に初めて日本人が移住したのだが、二世・三世と代を重ねるうちに、どうしても日本語や日本移民の歴史を知る人は少なくなってくる。そこで若い世代、次の世代に日本人移住の歴史を伝えるために「マンガ」という手段が選ばれたのだ。<移民史に関するManga>である。
更に、特殊なケースではあるが、ブラジルでは2008年の日本人移民百周年を機に「ブラジルの手塚治虫」と呼ばれる巨匠マウリシオ・デ・ソウザが、自著『モニカと仲間たち ユース版 43号,44号』で鉄腕アトムやリボンの騎士、ジャングル大帝をコラボレーションさせている。見慣れた手塚キャラの表情が、どことなく外国風(ブラジル風?)である点も楽しい。

image9

実はソウザと手塚治虫は親交があり、いつか一緒にマンガを描く企画を温めていたという。亡くなった手塚との約束を果たすため、ソウザ自ら手塚プロダクションに連絡をとったのだそうだ。ソウザの夫人は日系二世で、マンガチームのスタッフにも日系人がたくさんおり、日本との関係も深い。
この贅沢なコラボ作品のテーマはアマゾンの自然保護。それだけで骨太でおもしろそうだが、ブラジルのマンガ界を代表するキャラクターと、日本を代表する手塚のキャラクターが一緒に活躍すると聞くだけでわくわくする。日系人キャラも登場するらしい。ポルトガル語版だけでなく、日本語翻訳もしてくれないだろうか… 是非読んでみたいと思うのは、私一人ではないはずだ。

image10

日本から遠く離れ、見知らぬ土地に移り住むことを決意した移民たち。夢を追い求めたにも関わらず、言葉や暮らしの壁に直面し、厳しく過酷な労働、差別や偏見にも苦しんできた。日本人街で触れるマンガ雑誌や新聞のマンガ絵などに、どれだけ励まされたか… 想像に難くない。

また今回の展示では、普段の来場者層よりも若い世代が訪れたり、今までJICAを知らなかった/接点のなかった人たちからの反響もあるそうだ。「移民、日系人…なんだかよくわからないけど難しそう」そんな敷居の高さを感じる人にも「マンガ」というキャッチーな要素をかけあわせることで「おもしろそう、ちょっと見てみようかな」という気軽さを演出できるのではないか。
好評を受け、今後も「マンガ」を切り口に企画展示を行う考えもあるそうだ。気軽さや来場者とのコミュニケーションの点でも、企画関連のマンガや資料のいくつかが自由に手に取って見られるなど、展示に工夫があれば嬉しい。パワーアップした企画の実現を期待したい。

マンガが遠く離れた国を、時間を、そして人をつなぐ媒体になりえる。専門知識がなくても、特別な装置がなくても、場合によっては言葉さえわからなくても、誰でもどこでも親しめる。「日系人とマンガ」のキーワードから、マンガのもつ普遍的な力を改めて感じることができた。
そして、ふと思い出したのは、フランスの漫画家と日本在住の作家がそれぞれ「日本」を描いた2005年出版の『JAPON―Japan×France manga collection』。企画が素晴らしいことはもちろん、6カ国語で同時発売というのに制作側の「本気」を感じた。
近年はWEB掲載のマンガも増えている。海外からアクセスすることも容易だ。ブラジルのソウザと日本の手塚のコラボレーションが、日本ではあまり知られていないという事実も踏まえ、世界共通語となった’’Manga’’が、より広い世界を「つなぐ」ために、映画や書籍と同様、海外での発売・掲載を視野に入れた展開が増えることを願う。
(山口文子)

会期
2014年12月13日(土)〜2015年2月15日(日) 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
会場
JICA横浜2階 海外移住資料館 企画展示室
入場無料

イベントレポート の一覧

  • Sew『オフィス × マンガ大作戦!』開催レポート
  • 真夜中のマンガの楽しみ方は!?
  • 『シンクル大学 カルチャー「編愛」学部 第2回「マンガ編愛学科withマンガナイト」』のイベントレポート
  • Life Story event report:3 ― マンガナイト:マンガの新たな楽しみ方の探求
  • いま読みたい、理想のマンガ雑誌とは!?
  • 積んで繋がるコミュニケーション
  • “ピンでとめ”られた90年代の“あの頃”
  • 熱戦!マンガ帯カルタ〜後編
  • 熱戦!マンガ帯カルタ〜前編
  • マンガ読みに聞く、2015年ヒット作は?―「マンガナイト×TMR座談会」〜マンガナイト5周年記念イベント #2
  • マンガがつなぐ日本と世界 の一覧

  • マンガがつなぐもの―国・時間・人―「マンガ!Manga!Mangà!-日系人とマンガの世界-」展
  • それは漫画家の新機軸となりえるか? ケン・ニイムラの過去と現在
  • 単身赴任ハカセの少女マンガ研究ノート の一覧

  • 少女マンガは社会的な課題と接続していないのだろうか
  • 「私のどこが好き?」と訊かれた時、どう答えるのが正解だろうか
  • 就職戦線に赴く学生にとって適職につくための決め手は何だろうか
  • 僕たちは多様性と向き合えているだろうか
  • 非生物の「かばん」に語らせる新たな表現手法