記 事

マンガ原作の映画、 成功の鍵は「データベース消費」の応用にあり

こちらのコンテンツは、STUDIOVOICEからの許諾を得ての転載となります。
るろうに剣心特筆版 和月伸宏

マンガ『ろろうに剣心』を元にした実写映画が順調に興行収入を伸ばしている。

配役やアクションの魅力はもちろん、原作のもつイメージを壊さなかったことで、原作ファンからの反発が少なかったためだとみられる。
原作から抽出したキャラクターの特徴を生かしながらも、物語の展開を現代の観客にあうように組み替えたことが寄与したようだ。

8月末に公開した映画『るろうに剣心』の興行収入は9月20日時点で25億円(先行上映を含む)を超えた。
興行通信社によると8月最終週の興行収入で邦画部門の1位になったという。
原作の世界観を壊されることがこわくて、マンガ原作の実写映画になかなか足を運ばなかった筆者も知人に誘われて見に行ったが、記憶の中にあるマンガ『るろうに剣心』のイメージをこわされず、アクションシーンや音楽など映画ならではの演出を満喫できた。

670-nakamen
映画『るろうに剣心』公式サイトより

『るろうに剣心』は1994年から1999年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された作品だ。
幕末に暗殺者として活躍した「人斬り抜刀斎」—緋村剣心が主人公。
明治という新時代で生き方を模索する人々を描き、『DRAGON BALL』『SLUM DUNK』の連載が終わった後の「週刊少年ジャンプ」の販売を支えた。

マンガを原作にした映画が興行収入で成功を収めるには、新規ファンの開拓はもちろんのこと、原作ファンの多くも観客として引き付けなければならない。
だがこれまで制作されたマンガ作品をもとにした実写映画のなかには、マンガのファンから敬遠されたものも少なくない。
マンガ『DRAGON BALL』がハリウッドの映画会社によって実写化された際は、キャラクターの設定で原作との差が大きく、主に日本の原作のファンからは批判の声があがった。

それに対して『るろうに剣心』が原作ファンの反発を最小限に抑えられた理由は何か。
私は、批評家の東浩紀氏の提唱する「データベース消費」の仕組みを無意識に応用したためではないかと考えている。

「データベース消費」は東浩紀氏は2001年に出版した『動物化するポストモダン』(講談社)のなかで、1990年代のオタク文化に特徴的な消費行動として提唱した。
「データベース消費」とは、ある文化圏の消費者が、マンガやアニメなどの世界を楽しむ際、そのマンガやアニメ全体の物語や世界観ではなく、その文化圏で共通する要素を情報として蓄積したデータベースを構築し、それを自由に組み合わせて楽しむことだという。

映画『るろうに剣心』はこのデータベース消費の仕組みをうまく応用したのではないだろうか。
主人公の頬の刀傷、逆刃刀、旧幕府側の新政府への恨み、過去におったトラウマ、——それぞれのキャラクターが持つ身体的特徴や性格はそのまま維持し、すでにキャラクターの特徴を自らのデータベースに入れた原作ファンにとってはズレがないようにしつつも、演出や物語の展開はマンガの表現にとらわれず、「アクション時代劇」として楽しめるようにしている。

たとえば、主人公の剣心や斎藤一が原作中で技を披露するとき、多くの場合はコマの中に技の名前が明記され、あたかもキャラクターらが技の名前を叫んでいるようにもみえる。だが映画では、剣心や斎藤一はほとんど技の名前を自ら披露することはない。
そのため、剣での戦いにリアリティが生まれており、アクション豊富な時代劇として見応えがあるのだ。
物語も原作の二つのエピソードを無理なく組み合わせ、主人公の過去と、新時代との衝突をうまく描いた。
むしろ新時代を望んだ主人公が、その新時代になじめない葛藤、正義のために人を殺せるかというテーマなどはマンガよりもより強く表現されていたように思う。

パンフレットのインタビューによると、原作にはない登場人物のセリフもあったようだが、原作の設定を維持したキャラクターや世界観にあっており、違和感はまったく感じなかった。
2次元のマンガと3次元の映画では、読者や観客の受け止め方が違う。
単に忠実に再現するのではなく、それぞれのメディアのよさをいかした「再現」が成功したのだろう。

では原作者の和月伸宏氏はこの動きをどうとらえているのか。
9月に発売された『るろうに剣心 特筆版』(集英社)の後書きを拝読すると、「キャラクターが変わらず魅力的であればパロディーはOK」と述べている。
実際、特筆版に収録されている「キネマ版」は映画版のシナリオを考える際に出てきたアイデアで採用されなかったものをまとめたという。

90年代に連載された作品を知っている筆者からは、やや驚きの物語の展開もあったが、もし初めて読んでいたら、魅力的なキャラクターが明治という混沌とした時代を駆け抜ける物語に没頭しただろう。
『宇宙兄弟』『テルマエ・ロマエ』『僕等がいた』『ホタルノヒカリ』… 今年に入っても数多くマンガが実写化されているが、『るろうに剣心』の映画化と再連載は、旧作マンガの新たな活用方法のひとつとなるのではないだろうか。

関連書籍
『動物化するポストモダン』(東浩紀)講談社
『ゲーム的リアリズムの誕生』(東浩紀)講談社

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

ALICEY の一覧

  • 『おいしそう!再現したくなるグルメマンガ3選』を執筆
  • 『映画も大好評! 「orange」で大人女子が泣ける理由』を執筆
  • 『斎藤工に妄想を読まれる!? 映画「高台家の人々」をマンガで予習』にて執筆
  • 『山Pたちがゴキブリ退治?! 映画「テラフォーマーズ」をマンガで予習!』にて執筆
  • 『春、「出会い」と「別れ」を描いたマンガ3選』にて、選書と執筆
  • d's JOURNAL の一覧

  • 「d’s JOURNAL」連載第4回公開
  • 「d’s JOURNAL」連載第3回公開
  • 「d’s JOURNAL」連載第2回公開
  • d’s JOURNALにて記事連載スタート
  • DOTPLACE の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 後編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 前編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • マンガは拡張する の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 後編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 前編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • greenz.jp の一覧

  • 本を通して生まれる、新たなコミュニケーションとは? 選書のプロと一緒に、これからの本について考えてみよう(後編)
  • 選書することに、どんな意味があるの? 選書のプロと一緒に考える“本を通じた場所づくり”のヒントとは(前編)
  • マンガを使った新しいマネタイズとは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(後編)
  • マンガの新たな楽しみ方とは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(前編)
  • マンガナイト×greenz.jpの新連載「マンガ×ソーシャルデザイン」開始!
  • NumberWeb の一覧

  • 「NumberWeb」コラム掲載
  • PingMag の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガを持ってアキバに出よう 脱出ゲーム×マンガの可能性
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • 新たなマンガの生まれる場所
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • 日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る
  • マンガの未来と過去をつなぐ場所「立川まんがぱーく」
  • マンガ→アートの原点を探る旅
  • 最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界
  • 日本発 〇〇マンガ5選 の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • ROOMIE の一覧

  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.6公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.5公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.4公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.3公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.2公開
  • STUDIO VOICE の一覧

  • 『聲の形』(大今良時)……正解を模索する曖昧な往来
  • 『文豪ストレイドックス』(朝霧カフカ 春河35)……原典へと誘う“キャラクター化”の効果
  • 『王様達のヴァイキング』(さだやす)……起業家、投資家、ハッカー。現実に肉薄する描写
  • 『ケンガイ』(大瑛ユキオ)……SNS以降、人間関係の着地点はどこにあるのか
  • 『放課後さいころ倶楽部』(中道裕大)……熱気を帯びつつあるアナログゲーム界隈
  • 『ドライブご飯SAグルメ日記』(末広有行)……サービスエリアという「一期一会」の楽しみ
  • 『flat』(青桐ナツ)……“オープン・パーソン”の平熱感
  • 『さよならソルシエ』(穂積)……「与えられなかったもの」の処世
  • 『Baby,ココロのママに!』(奥山ぷく)……「虚親化」という、現代の新たな現象をめぐって
  • 『限界集落温泉』(鈴木みそ)……オリンピックと併走する日本の現実
  • その他 の一覧

  • モーションコミックが魅せる「ULTRAMAN」のかっこよさ
  • 『オチビサン』の色彩の魅力がそのまま映像に マンガの世界を拡張する
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆”を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編「少年マンガらしさ」の体現”を寄稿
  • マンガ論争11に寄稿しました
  • 【アニメ!アニメ!】話題の有名人もゲスト声優に、「ONE PIECE」劇場3作品の意外な裏側
  • 【アニメ!アニメ!】国民的代表作『ONE PIECE』はデータで見てもスゴかった!
  • まんがStyle の一覧

  • 新雑誌「ヒバナ」ついに公式Webサイトが公開注目作品の魅力を編集部に聞いてみた!
  • 「わたしたちの」岡崎京子展 今日マチ子ギャラリートークレポート
  • 今どうして三原順なのか「没後20年展 三原順復活祭」に見る彼女の思索の深さ ファンの熱
  • ついにオープン、『ONE PIECE』初の大型テーマパーク 「東京ワンピースタワー」フォトレポート!
  • 展示取材記事「マンガ表現の可能性を実感 -聲の形-完結記念展 大今良時原画展」
  • 炸裂した『弱虫ペダル』作者の自転車愛、キャラ愛、ファン愛 渡辺航トークイベント「弱ペダナイト2」レポート
  • セリフは0、漫画の演出力を競う!サイレントマンガオーディション授賞式レポート
  • イベント取材記事『強い女の子は好きですか? もやしもん×純潔のマリア原画展』
  • マンガを育てるのは批評?キュレーション?中野発トークイベント「漫画家の登竜門を再考する(2)」
  • CLAMPのデビュー25周年!東京ソラマチ『カードキャプターさくら原画展』
  • グルマン給仕長のおかわりマンガ の一覧

  • 夏だ!祭りだ!お好み焼きマンガ3選
  • 消費税増税に負けるな! 家計も助かる「節約料理マンガ」3選
  • GW直前!旅がもっと楽しくなる「駅弁マンガ」3選
  • 甘党男子に捧ぐ、別腹スイーツマンガ3選
  • 早起きしてでも食べたい朝食漫画3選
  • まんが王国ラボ の一覧

  • まんが王国ラボにて『山本耳かき店』(安倍夜郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『彼女のやりかた』(田所コウ)他レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『アダムとイブの楽園追放されたけど…』(宮崎夏次系)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『金魚屋古書店』(芳崎せいむ)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『バベルハイムの商人』(古海鐘一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『着たい服がある』(常喜寝太郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『いちばんいいスカート』『アドレスどちら』ほか谷和野作品レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『サヨナラコウシエン』(天久聖一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『エロイカより愛をこめて』(青池保子)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『妻に恋する66の方法』(福満しげゆき)ほかレビュー記事を執筆
  • クリスクぷらす の一覧

  • クリスクぷらす にて「モブキャラなんてこの世に誰もいない『ぷらせぼくらぶ』」を執筆
  • 「通信制高校ってどんなところ? 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』」を執筆
  • シミルボン の一覧

  • シミルボンにて『自虐の詩』(業田良家)レビューを執筆
  • シミルボンにて『珈琲いかがでしょう』(コナリミサト)レビューを執筆
  • シミルボンにて『私は主人公』(桐島いつみ)レビューを執筆
  • シミルボンにて『特務戦隊シャインズマン』(橘皆無)レビューを執筆
  • シミルボンにて『どうにもこうにも』(日下直子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『地球へ…』(竹宮惠子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆
  • シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆
  • シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆
  • シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆
  • マンガ・アニメ3.0 の一覧

  • マンガ・アニメ3.0「マンガミライハッカソン」プレトーク「マンガのシンギュラリティ」レポート
  • マンガ・アニメ3.0「『グルメマンガ』の世界――“豊食”と“飽食”の日本を記録したメディア」
  • マンガ・アニメ3.0 「拡大する「2.5次元」の世界」
  • マンガ・アニメ3.0「マンガを「学び」のツールに ――フランスにおけるマンガ事情レポート2019」
  • マンガ新聞 の一覧

  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『さんかく窓の外側は夜』(ヤマシタトモコ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『スケッチー』(マキヒロチ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『恋と国会』(西炯子)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『PSYCHO-PASS』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』(オノ・ナツメ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『江戸時代の経済入門!その弐』(アイタロー)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハイスクール・オーラバスター アーケイディア』(杜真琴、若木未生)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『十二国記』シリーズ(小野不由美)レビューを執筆