記 事

日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る

こちらのコンテンツは、PingMagからの許諾を得ての転載となります。
元ページの記事はこちら。元ページの英文翻訳記事はこちら

2012年度の文化庁メディア芸術祭・マンガ部門は、大賞に海外の作品が初めて選ばれたことで話題となった。受賞作は、フランス・ベルギー地域のコミック“バンド・デシネ”のひとつ『闇の国々』(原作:ブノワ・ペータース/作画:フランソワ・スクイテン)。1ページを1週間かけて描いたという緻密な画は、マンガというよりもまるで美術作品のよう。いわゆる“マンガ”に慣れ親しんでいる私たち日本人がもつマンガの概念を覆すものだった。

そもそもマンガとは? 世界のマンガってどんなものだろう? 私たちが普段何気なく読んでいるマンガは、実はとっても一部のものなのかもしれない…… このように自分の“マンガの世界”を広げてくれるのが、日本以外で出版されているコミックスなのだ。今年で3回目の開催となる「ガイマン賞」は、これらの作品との幸せな出会いのきっかけになるだろう。

「ガイマン」は「外国のマンガ」という日本語を省略した造語で、「アメリカン・コミックス(アメコミ)」、フランス語圏の「バンド・デシネ」、韓国の「マンファ」など日本以外の国・地域で作られたマンガのこと。

ガイマン賞は“読者が選ぶ海外マンガの賞レース”だ。過去1年間に日本で翻訳出版されたガイマンが対象で、読んだ人は公式サイトや投票箱を通じて、感想とともに好きな作品に投票できる。人気ランキングを作ることで1年のガイマンを振り返るとともに、新たな読者の開拓・普及を目指していく。第3回目となった2013年度は、2012年10月1日〜2013年9月30日に出版されたガイマン85作品を対象に、9月14日〜11月17日の約2カ月、投票を受け付けた。

投票期間中は主催の米沢嘉博記念図書館(東京都)、京都国際マンガミュージアム(京都府)、北九州市漫画ミュージアム(福岡県)の3カ所の施設で、全作品が誰でも読めるよう展示されていた。

gaiman-01

主催施設のひとつ、明治大学が運営する米沢嘉博記念図書館

gaiman-02

米沢嘉博記念図書館の2階の閲覧室に会場に並んだ2013年度のガイマン賞ノミネート作品。いくつご存じだろうか?

gaiman-03

米沢嘉博記念図書館の2階の閲覧室では「ガイマン賞」に投票もできる

gaiman-04

ノミネートされたバンド・デシネ作品。美術書のような装丁が日本のマンガとは違った雰囲気を漂わせる

gaiman-05

アメコミの一群。映画でおなじみのスーパーヒーローたちは、にわかに心躍らせてくれる存在だ

gaiman-06

韓国の教育マンガ『かがくるBOOK—科学漫画サバイバルシリーズ』もノミネートしている

「日本であまり知られていないガイマンの魅力を広く知ってもらおうとスタートしました」と話すのは創設者のミソトミツエさん。初開催の2011年はWebサイトだけで投票とレビューを募り、「この海外マンガがすごい!2011」としてまとめた。2012年からはマンガ施設と共同開催する「ガイマン賞」にスケールアップし、実際に人々が作品を読める現在の形になった。

gaiman-07

こちらは2012年度のベスト3作品

ガイマンを気軽にまとめて読める場所の意味は大きい。「日本でも最近ガイマンが徐々に翻訳出版されてきているものの、日本のマンガに比べ高価格の上、販売店舗も限られており、ビニールで包装されていて試し読みもできない場合が多い。読者にとっては手が出しにくい環境になっています。ガイマンに興味を持った方が参考にできるランキングやレビューといったガイドと、賞を通じて実際に作品が読める機会を提供できればと思いました」(ミソトさん)

gaiman-08

米沢嘉博記念図書館の1階は展示室。この取材を行った11月上旬には、相田裕さんの作品『GUNSLINGER GIRL』の企画展が行われていた(2014年1月25日まで開催)

gaiman-09

マンガ・アニメ・ゲームなどサブカルチャーの資料を推計14万冊以上所蔵する同館はマンガ愛好家からの注目度が高いため、共同開催になることで賞の存在が認知されやすいなど相乗効果は大きい

ガイマン賞に関連し、投票箱を設置した各会場ではガイマンに関わる作家や編集者、翻訳者などを招いたイベントも定期的に実施。2013年11月2日には米沢嘉博記念図書館でトークイベント「ケン・ニイムラと担当編集者が語る『I KILL GIANTS』とマンガとガイマン」が行われた。

登壇者は漫画家のケン・ニイムラさんと小学館『IKKI』編集者・豊田夢太郎さん。司会はバンド・デシネ翻訳者の原正人さんが務めた。

ご自身もガイマンが好きだという豊田さん。トークショーではニイムラさんが作画したコミック『I KILL GIANTS』(原作:ジョー・ケリー、訳:柳亨英)と出会い、2012年末にIKKIコミックスとして翻訳出版するまでの苦労と喜びを語った。

『I KILL GIANTS』は、ニイムラさんがアメリカの原作者から依頼を受けて制作したワールドワイドな作品だ。2008〜2009年に全米でオルタナティブコミックとして刊行され話題になり、2012年初頭に外務省主催の第5回国際漫画賞で最優秀賞受賞を獲得。6カ国語に翻訳されている。内容は、自分は選ばれし<巨人殺し>だと思い込む妄想少女が孤独などの苦境を乗り越えるというもの。日本風にいいかえれば「中二病女子の成長物語」だ。

gaiman-10

『I KILL GIANTS』。ガイマン賞2013のノミネート作品でもある

ただこの作品は、物語がおもしろいだけではない。その魅力的なビジュアルにも大きな反響が寄せられているのだ。

翻訳版を担当編集した豊田さんは「ニイムラさんから初めて見せてもらった作品の表紙にひとめぼれした」と話す。家に置いておきたくなるセンスあふれる風格に「やられた!」と、その場で日本での出版をオファー。前からニイムラさんのようなキャッチーでキュート、そしてカッコイイ絵柄を描ける人を求めていたこと、ガイマンはオールカラー作品が多い中、同作は日本で主流のモノクロ作品だったのも大きなポイントだったという。

通常、翻訳作業は翻訳者がその意味を解釈しながら(時に、そこにとても苦心しながら)進められる。だが、今回はニイムラさんが日本にいるということで、「この意味は?」と一つ一つ確認しながら進めたという。

制作過程では異例づくしの工程がいくつもあった。 物語には日本にはないものが登場する。例えば『I KILL GIANTS』冒頭の授業風景。アメリカの学校では、その職業の魅力を語るという授業があり、外部から人を招いて話をしてもらうのだそうだ。日本の学校ではこうした授業はないので、一読しただけでは一体何が行われているのかわからない。まずは日本の読者が読みやすいようこうしたポイントをわかりやすくする作業が必要だった。日本語にすることで文字数が多くなるため、フキダシも大きくしている。

作り手と翻訳者が直にやりとりしたこともあり、翻訳の精度が高く、一方で日本の読者も読みやすい日本版『I KILL GIANTS』が完成。「アメリカの作品が見事な日本仕様になって……もう、小躍りして喜びましたね」と、ニイムラさんは顔をほころばせた。

国境を越え色々な作家のマンガが並んだ雑誌づくりを見据え、「海外の作家が日本で作品を生み出せる環境づくりが進めばいいと思う」と豊田さん。トークイベントを締めくくったこの言葉が実現すれば、一体どんな風になるのだろうか?漫画家も編集者も読者も、これから読者になる人も、この未来予想図にきっとわくわくするはずだ。

これまで知らなかった制作方法や表現スタイルをガイマンから見つけるたび、「自分の知っていたマンガは、狭かった!」という気持ちのいい驚きがあった。ガイマン賞が盛り上がることでマンガの可能性の面白さと驚きに、幾度となく出会えるに違いない。(TAKAHIRO KUROKI)

gaiman-11

投票箱や専用サイトには、多くの読者の感想が寄せられた

d's JOURNAL の一覧

  • d’s JOURNAL「水と油を融和する人材配置で、まだ世にないものをつくり出す『映像研には手を出すな!』(3)」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おお振り』に学ぶ、ビジョンを達成するために個人のやる気を引き出す方法」を執筆
  • d’s JOURNAL「新しいツール、どうやって現場に導入する?『映像研には手を出すな!』(2)」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おおきく振りかぶって』で学ぶ、挑戦できる環境づくり(1)」を執筆
  • d’s JOURNAL「クリエイターを活かすマネジメントとは。『映像研には手を出すな!』(1)」を執筆
  • d’s JOURNAL「個人を奮い立たせるもの」をつぶさない-『いつかティファニーで朝食を』(3)を執筆
  • d’s JOURNAL「個人の生き方が多様化する時代、組織側の心構えは―『いつかティファニーで朝食を』(2)」を執筆
  • d’s JOURNALにて記事連載スタート
  • DOTPLACE の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 後編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 前編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • マンガは拡張する の一覧

  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 3/6「新しく作るより、既にあるものを書き換える。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 2/6「世の中は出会いに左右されている。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 1/6「『リアル脱出ゲーム』はほとんどの作品に対応できるハードなんです。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕3/3「ラクガキ大会で、改めてマンガを好きになってくれたのが嬉しくて。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕2/3「仕事系マンガに宿す『情報の置き土産』。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕1/3「作家と読者を、編集者がどれだけきれいにつなげるか。」
  • マンガは拡張する[対話編]3/3「マンガ家からすると『140文字も書ける』って素晴らしい。」
  • マンガは拡張する[対話編]2/3「『東京トイボックス』の頃にクラウドファンディングがあったら。」
  • マンガは拡張する[対話編]小沢高広(うめ)×山内康裕 1/3「作家が編集者を選ぶ時代が来る?」
  • 第2回「インターネットとマンガの現在(前編)」
  • greenz.jp の一覧

  • 本を通して生まれる、新たなコミュニケーションとは? 選書のプロと一緒に、これからの本について考えてみよう(後編)
  • 選書することに、どんな意味があるの? 選書のプロと一緒に考える“本を通じた場所づくり”のヒントとは(前編)
  • マンガを使った新しいマネタイズとは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(後編)
  • マンガの新たな楽しみ方とは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(前編)
  • マンガナイト×greenz.jpの新連載「マンガ×ソーシャルデザイン」開始!
  • NumberWeb の一覧

  • NumberWeb「天下一武道会に闇のゲーム、リング。 漫画に学ぶ“新スポーツ”の発明法。」を執筆
  • NumberWeb「あだち充漫画のキャッチャーの魅力。 「太めで長打力」からイケメンへ。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガと舞台、謎の好相性。 テニミュとペダステの成功の理由。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガはなぜリアル化した? 2010年代の潮流を探る3つの視点」を執筆
  • PingMag の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガを持ってアキバに出よう 脱出ゲーム×マンガの可能性
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • 新たなマンガの生まれる場所
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • 日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る
  • マンガの未来と過去をつなぐ場所「立川まんがぱーく」
  • マンガ→アートの原点を探る旅
  • 最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界
  • 日本発 〇〇マンガ5選 の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • ROOMIE の一覧

  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.6公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.5公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.4公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.3公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.2公開
  • STUDIO VOICE の一覧

  • 『聲の形』(大今良時)……正解を模索する曖昧な往来
  • 『文豪ストレイドックス』(朝霧カフカ 春河35)……原典へと誘う“キャラクター化”の効果
  • 『王様達のヴァイキング』(さだやす)……起業家、投資家、ハッカー。現実に肉薄する描写
  • 『ケンガイ』(大瑛ユキオ)……SNS以降、人間関係の着地点はどこにあるのか
  • 『放課後さいころ倶楽部』(中道裕大)……熱気を帯びつつあるアナログゲーム界隈
  • 『ドライブご飯SAグルメ日記』(末広有行)……サービスエリアという「一期一会」の楽しみ
  • 『flat』(青桐ナツ)……“オープン・パーソン”の平熱感
  • 『さよならソルシエ』(穂積)……「与えられなかったもの」の処世
  • 『Baby,ココロのママに!』(奥山ぷく)……「虚親化」という、現代の新たな現象をめぐって
  • 『限界集落温泉』(鈴木みそ)……オリンピックと併走する日本の現実
  • その他 の一覧

  • ヌーラボブログ「新チームの季節到来!チームワーク・コミュニケーション・プロジェクト管理を学べる漫画10選」総評を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆”を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編「少年マンガらしさ」の体現”を寄稿
  • マンガ論争11に寄稿しました
  • 【アニメ!アニメ!】話題の有名人もゲスト声優に、「ONE PIECE」劇場3作品の意外な裏側
  • 【アニメ!アニメ!】国民的代表作『ONE PIECE』はデータで見てもスゴかった!
  • とっぴぃ の一覧

  • とっぴぃ 豊島の選択にて記事連載スタート
  • まんが王国ラボ の一覧

  • まんが王国ラボにて『山本耳かき店』(安倍夜郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『彼女のやりかた』(田所コウ)他レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『アダムとイブの楽園追放されたけど…』(宮崎夏次系)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『金魚屋古書店』(芳崎せいむ)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『バベルハイムの商人』(古海鐘一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『着たい服がある』(常喜寝太郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『いちばんいいスカート』『アドレスどちら』ほか谷和野作品レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『サヨナラコウシエン』(天久聖一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『エロイカより愛をこめて』(青池保子)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『妻に恋する66の方法』(福満しげゆき)ほかレビュー記事を執筆
  • クリスクぷらす の一覧

  • クリスクぷらす にて「モブキャラなんてこの世に誰もいない『ぷらせぼくらぶ』」を執筆
  • 「通信制高校ってどんなところ? 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』」を執筆
  • シミルボン の一覧

  • シミルボンにて『自虐の詩』(業田良家)レビューを執筆
  • シミルボンにて『珈琲いかがでしょう』(コナリミサト)レビューを執筆
  • シミルボンにて『私は主人公』(桐島いつみ)レビューを執筆
  • シミルボンにて『特務戦隊シャインズマン』(橘皆無)レビューを執筆
  • シミルボンにて『どうにもこうにも』(日下直子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『地球へ…』(竹宮惠子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆
  • シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆
  • シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆
  • シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆
  • マンガ・アニメ3.0 の一覧

  • マンガ・アニメ3.0「マンガミライハッカソン」プレトーク「マンガのシンギュラリティ」レポート
  • マンガ・アニメ3.0「『グルメマンガ』の世界――“豊食”と“飽食”の日本を記録したメディア」
  • マンガ・アニメ3.0 「拡大する「2.5次元」の世界」
  • マンガ・アニメ3.0「マンガを「学び」のツールに ――フランスにおけるマンガ事情レポート2019」
  • マンガ新聞 の一覧

  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『さんかく窓の外側は夜』(ヤマシタトモコ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『スケッチー』(マキヒロチ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『恋と国会』(西炯子)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『PSYCHO-PASS』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』(オノ・ナツメ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『江戸時代の経済入門!その弐』(アイタロー)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハイスクール・オーラバスター アーケイディア』(杜真琴、若木未生)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『十二国記』シリーズ(小野不由美)レビューを執筆
  • 東京マンガレビュアーズ の一覧

  • 東京マンガレビュアーズにて『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)レビューを執筆