記 事

最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界

こちらのコンテンツは、PingMagからの許諾を得ての転載となります。
元ページの記事はこちら。元ページの英文翻訳記事はこちら

マンガというのは、紙など平面に描かれた二次元の世界である。読者である私たちはそれを目で見て楽しむ。だがその作品に愛着を持てば持つほど目で見るだけでない楽しみを求めるようになり、マンガはアニメ、フィギュア、舞台へと展開してきた。今後私たちは「マンガ」の世界をどう楽しむことになるのか。その一端を示しているのが、東京タワーで開催中(〜10/6)の生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」だ。目で見るだけではなく、マンガの世界が文字通り二次元を飛び出しているのだ。過去の作品と最新技術が組み合わさることで、藤子・F氏の世界の新しい楽しみ方の一端を示している。

fujiko-fujio-exhibition01

20世紀を象徴する東京タワーとドラえもんの組み合わせ

fujiko-fujio-exhibition02

まずは屋上の「55/80ひろば」から。どのドラえもんと写真を撮るか迷う

最新技術でマンガを表現する

fujiko-fujio-exhibition03

「SFシアター」では藤子・F先生も出迎えてくれる

fujiko-fujio-exhibition04

「プロジェクションマッピング」で過去の記憶と出会う

今回の展示の特徴は、過去の作品と先端技術の組み合わせだ。「55/80ひろば」のある屋上から階段を下りた4Fの展示フロアの最初のメーンが藤子・F氏の作品の主要キャラクターが出迎えてくれる「SF(すこしふしぎ)シアター」だ。一面は白い本棚のような壁と机。机の引き出しに吸い込まれた原稿を、キャラクターが追いかけ恐竜時代にタイムトラベル…… ストーリーはシンプルだが、次々とシーンが移り変わるのを目にすると、紙のマンガを読んだりアニメーションを見たりするのとはまた違う世界に出会った気持ちになった。特に原稿が飛んでいくときの紙のこすれる音、タイムマシンに乗っている間の風の感触。最新技術を使い五感でマンガを楽しんだ気分だった。

fujiko-fujio-exhibition05

貴重な原画が散らばってしまった

fujiko-fujio-exhibition06

なんと引き出しに原画が吸い込まれる

fujiko-fujio-exhibition07

吸い込まれた原画をタイムマシンで追いかける

このシアターに使っている技術は「プロジェクションマッピング」といわれるもの。(PingMagではしめじへのプロジェクションマッピングの記事も以前紹介)今回のシアターでは、「4Dプロジェクションマッピング」を使っており、でこぼこして見える場所に本棚が投影され、そこからさらにキャラクターが飛び出してきたのだ。

マンガが子どもから青年のものになった時代の象徴

fujiko-fujio-exhibition08

fujiko-fujio-exhibition09

fujiko-fujio-exhibition10

藤子・F先生にもなれる

4Fのフロアを進むと原画の展示と作品のワンシーンに入り込める「なりきりキャラひろば」などがある。どちらも藤子・F氏の作品世界に浸ることができる場所だ。ここで興味深いのは「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」など子ども向け生活ギャグマンガの原画やその作品のワンシーンに入り込める「なりきりキャラひろば」と、青年向けの「SF短編マンガ」が並列に展示されているところだ。

fujiko-fujio-exhibition11

部屋の間の移動はどこでもドアで

fujiko-fujio-exhibition12

大人向けには「SF短編の世界」

藤子・F氏が活躍した時代は、ちょうど子どもから徐々に青年層にまでマンガの読者が広がり始めていた時期だった。藤子・F氏はもちろん子ども向け生活ギャグマンガの名手として名高い。これらは大人になってから読むと、子どもの時とは違う感想を持つだろう。だが彼はより幅広い読者層のアプローチしようとしていたのではないか——そう思わせるのがSF短編集だ。会場の「SF短編の世界」のスペースには主な短編作品の表紙が壁一面に飾られている。「ミノタウロスの皿」「みどりの守り神」「劇画オバQ」「パラレル同窓会」……どれもSFセンスにあふれ、なおかつ読者に「あなたならどうするか」との問いをつきつけるものだ。もちろん子供も楽しめるものであり、会場では熱心にSF短編の原画を読む子供もいた。

そしてこれらは、展覧会のタイトルにもあるように「藤子・F・不二雄展」——つまりほぼ藤子・F氏から生み出された世界なのだ。彼は5万枚の原画を残し、川崎市のミュージアムや今回の展覧会のもとになっているという。

fujiko-fujio-exhibition13

開催を祝う色紙は幅広い著名人から

展覧会の最後の部屋には、藤子・F氏が各インタビューなどで残した言葉と、今回の展覧会に寄せられた著名人からの色紙が飾られている。「藤子不二雄A」「曽田正人」「藤田和日郎」「松本大洋」らマンガ家だけでなく「福山雅治」「村上隆」「鴻上尚史」ら音楽やアートなど他分野からの色紙も多い。マンガ家の展覧会でこれだけ幅広い著名人からの色紙が集まることは少ない。藤子・F氏の作品が幅広い層に愛された証左だろう。

東京タワーという場所

fujiko-fujio-exhibition14

今回の展示は藤子・F氏の生誕80周年を記念して行われた

fujiko-fujio-exhibition15

インタビューの言葉は「仕事論」としてもぐっとくる

「藤子・F・不二雄展」は藤子・F氏の生誕80周年を記念したもの。藤子・F氏には川崎市に「藤子・F・不二雄ミュージアム」がある。なぜ専用のミュージアムがあるのに別の場所で展示会をするのか、それは彼の作品が東京タワーに象徴される昭和期、そして東京タワーそのものと切っても切れない縁があるからだ。その一端は、会場の入り口となる屋上から、4Fフロアに降りる途中の階段にさりげなく示されている。「東京タワーとF作品」がそれだ。各作品から東京タワーの描かれたコマを切り出し、壁に貼り付けてある。コマをみながら、どの作品だったかを思い起こすのもいいだろう。

ドラえもんの秘密道具「タケコプター」「フワフワオビ」、パーマン……「すこしふしぎ」を追求した藤子・F氏の作品で登場人物らは高い頻度で空を飛ぶ。その描写に東京タワーは不可欠だったのだ。いかに当時の読者にとって東京タワーのような高い建物を「越える」ことが夢だったのかがわかる。

fujiko-fujio-exhibition16

「東京タワーとF作品」空を飛びたいという夢は変わらない

fujiko-fujio-exhibition17

パーマンが飛ぶ背景にも東京タワー

藤子・F氏の描いた「21世紀」はどうなるのか——そんなことに思いをはせながら東京タワーや20世紀の作品を楽しんではどうだろうか。(bookish)

fujiko-fujio-exhibition18

最後はキャラクターらと記念撮影

d's JOURNAL の一覧

  • d’s JOURNAL「『ダイの大冒険』アバン先生に学ぶ、経験者の新たな活躍方法」を執筆
  • d’s JOURNAL「「普通の人」代表のポップが後輩になったら?『ダイの大冒険』に学ぶ育成術」を執筆
  • d’s JOURNAL「なぜ『阿・吽』は起業家の支えになるのか。孤独に耐える力と演出力を学ぶ」を執筆
  • d’s JOURNAL「『阿・吽』が描く空海・最澄の生き様から、起業家が学ぶべき3つの視点」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おおきく振りかぶって』に学ぶ、問題解決力が高いチームのつくり方」
  • d’s JOURNAL「水と油を融和する人材配置で、まだ世にないものをつくり出す『映像研には手を出すな!』(3)」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おお振り』に学ぶ、ビジョンを達成するために個人のやる気を引き出す方法」を執筆
  • d’s JOURNAL「新しいツール、どうやって現場に導入する?『映像研には手を出すな!』(2)」を執筆
  • d’s JOURNAL「『おおきく振りかぶって』で学ぶ、挑戦できる環境づくり(1)」を執筆
  • d’s JOURNAL「クリエイターを活かすマネジメントとは。『映像研には手を出すな!』(1)」を執筆
  • DOTPLACE の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 後編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第4回 前編
  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • マンガは拡張する の一覧

  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 3/6「新しく作るより、既にあるものを書き換える。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 2/6「世の中は出会いに左右されている。」
  • マンガは拡張する[対話編]加藤隆生(株式会社SCRAP代表)×山内康裕 1/6「『リアル脱出ゲーム』はほとんどの作品に対応できるハードなんです。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕3/3「ラクガキ大会で、改めてマンガを好きになってくれたのが嬉しくて。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕2/3「仕事系マンガに宿す『情報の置き土産』。」
  • マンガは拡張する[対話編]山内菜緒子×山内康裕1/3「作家と読者を、編集者がどれだけきれいにつなげるか。」
  • マンガは拡張する[対話編]3/3「マンガ家からすると『140文字も書ける』って素晴らしい。」
  • マンガは拡張する[対話編]2/3「『東京トイボックス』の頃にクラウドファンディングがあったら。」
  • マンガは拡張する[対話編]小沢高広(うめ)×山内康裕 1/3「作家が編集者を選ぶ時代が来る?」
  • 第2回「インターネットとマンガの現在(前編)」
  • greenz.jp の一覧

  • 本を通して生まれる、新たなコミュニケーションとは? 選書のプロと一緒に、これからの本について考えてみよう(後編)
  • 選書することに、どんな意味があるの? 選書のプロと一緒に考える“本を通じた場所づくり”のヒントとは(前編)
  • マンガを使った新しいマネタイズとは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(後編)
  • マンガの新たな楽しみ方とは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(前編)
  • マンガナイト×greenz.jpの新連載「マンガ×ソーシャルデザイン」開始!
  • NumberWeb の一覧

  • Number Web「体操になぜ採点があるのだろう。 漫画『ムーンランド』で考える。」を執筆
  • NumberWeb「『スポーツとしての大食い』の魅力。漫画でわかる意外な緻密さと奥深さ。」を執筆
  • NumberWeb「天下一武道会に闇のゲーム、リング。 漫画に学ぶ“新スポーツ”の発明法。」を執筆
  • NumberWeb「あだち充漫画のキャッチャーの魅力。 「太めで長打力」からイケメンへ。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガと舞台、謎の好相性。 テニミュとペダステの成功の理由。」を執筆
  • NumberWeb「スポーツマンガはなぜリアル化した? 2010年代の潮流を探る3つの視点」を執筆
  • PingMag の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガを持ってアキバに出よう 脱出ゲーム×マンガの可能性
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • 新たなマンガの生まれる場所
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • 日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る
  • マンガの未来と過去をつなぐ場所「立川まんがぱーく」
  • マンガ→アートの原点を探る旅
  • 最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界
  • 日本発 〇〇マンガ5選 の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • ROOMIE の一覧

  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.6公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.5公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.4公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.3公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.2公開
  • STUDIO VOICE の一覧

  • 『聲の形』(大今良時)……正解を模索する曖昧な往来
  • 『文豪ストレイドックス』(朝霧カフカ 春河35)……原典へと誘う“キャラクター化”の効果
  • 『王様達のヴァイキング』(さだやす)……起業家、投資家、ハッカー。現実に肉薄する描写
  • 『ケンガイ』(大瑛ユキオ)……SNS以降、人間関係の着地点はどこにあるのか
  • 『放課後さいころ倶楽部』(中道裕大)……熱気を帯びつつあるアナログゲーム界隈
  • 『ドライブご飯SAグルメ日記』(末広有行)……サービスエリアという「一期一会」の楽しみ
  • 『flat』(青桐ナツ)……“オープン・パーソン”の平熱感
  • 『さよならソルシエ』(穂積)……「与えられなかったもの」の処世
  • 『Baby,ココロのママに!』(奥山ぷく)……「虚親化」という、現代の新たな現象をめぐって
  • 『限界集落温泉』(鈴木みそ)……オリンピックと併走する日本の現実
  • その他 の一覧

  • ヌーラボブログ「新チームの季節到来!チームワーク・コミュニケーション・プロジェクト管理を学べる漫画10選」総評を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆”を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編「少年マンガらしさ」の体現”を寄稿
  • マンガ論争11に寄稿しました
  • 【アニメ!アニメ!】話題の有名人もゲスト声優に、「ONE PIECE」劇場3作品の意外な裏側
  • 【アニメ!アニメ!】国民的代表作『ONE PIECE』はデータで見てもスゴかった!
  • とっぴぃ の一覧

  • とっぴぃ豊島の選択にて『働きマン』レビュー
  • とっぴぃ豊島の選択にて『ミノタウロスの皿』レビュー
  • とっぴぃ 豊島の選択にて記事連載スタート
  • まんが王国ラボ の一覧

  • まんが王国ラボにて『山本耳かき店』(安倍夜郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『彼女のやりかた』(田所コウ)他レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『アダムとイブの楽園追放されたけど…』(宮崎夏次系)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『金魚屋古書店』(芳崎せいむ)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『バベルハイムの商人』(古海鐘一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『着たい服がある』(常喜寝太郎)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『いちばんいいスカート』『アドレスどちら』ほか谷和野作品レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『サヨナラコウシエン』(天久聖一)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『エロイカより愛をこめて』(青池保子)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『妻に恋する66の方法』(福満しげゆき)ほかレビュー記事を執筆
  • クリスクぷらす の一覧

  • クリスクぷらす にて「モブキャラなんてこの世に誰もいない『ぷらせぼくらぶ』」を執筆
  • 「通信制高校ってどんなところ? 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』」を執筆
  • シミルボン の一覧

  • シミルボンにて『自虐の詩』(業田良家)レビューを執筆
  • シミルボンにて『珈琲いかがでしょう』(コナリミサト)レビューを執筆
  • シミルボンにて『私は主人公』(桐島いつみ)レビューを執筆
  • シミルボンにて『特務戦隊シャインズマン』(橘皆無)レビューを執筆
  • シミルボンにて『どうにもこうにも』(日下直子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『地球へ…』(竹宮惠子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆
  • シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆
  • シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆
  • シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆
  • マンガ・アニメ3.0 の一覧

  • マンガ・アニメ3.0「マンガミライハッカソン」プレトーク「マンガのシンギュラリティ」レポート
  • マンガ・アニメ3.0「『グルメマンガ』の世界――“豊食”と“飽食”の日本を記録したメディア」
  • マンガ・アニメ3.0 「拡大する「2.5次元」の世界」
  • マンガ・アニメ3.0「マンガを「学び」のツールに ――フランスにおけるマンガ事情レポート2019」
  • マンガ新聞 の一覧

  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『さんかく窓の外側は夜』(ヤマシタトモコ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『スケッチー』(マキヒロチ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『恋と国会』(西炯子)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『PSYCHO-PASS』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『鬼滅の刃』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』(オノ・ナツメ)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『江戸時代の経済入門!その弐』(アイタロー)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『ハイスクール・オーラバスター アーケイディア』(杜真琴、若木未生)レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『十二国記』シリーズ(小野不由美)レビューを執筆
  • 東京マンガレビュアーズ の一覧

  • 東京マンガレビュアーズにて『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)レビューを執筆