記 事

矛盾、空虚、曖昧。日本文化の原点的鑑賞法を可能にする装置

こちらのコンテンツは、STUDIOVOICEからの許諾を得ての転載となります。
星屑とコスモス さよならポニーテール

奏でられる音符、歌われる言葉ーー音楽は確かに耳で感じ取るものである。だが、一方で私たちは音そのものを楽しむだけでなく、それを演奏している、歌っているアーティストと紐つけながら楽しんでいることも事実だ。しかし、もし音楽を提供する主体としてのアーティストの存在が不確定で曖昧だとしたらどうだろうか。それが「さよならポニーテール」(以下、さよポニ)だ。不確かなことがかえって彼らの存在への想像力をかき立てている。

さよならポニーテールは2011年10月にアルバム『魔法のメロディー』でメジャーデビューを果たした音楽ユニット。その活動はネット上に限られ、ライブはまったく行わない。メンバー同士も一部を除いて互いに面識がない。ファンは本当に公式アナウンスされているメンバー構成なのか、ユニットが目指すところはどこなのかなど、不確かな土壌の上で彼女たちの活動を見守っている。

さよポニをご存じない方の中には「さよポニって何?」「正体は誰なの?」と検索をかけた人もいるだろう。

私たちは常に「○○は××である」と言えるよう記号に意味を充填する。眼前にわからない対象が現れた途端、ポケットからケータイを取り出し、検索をかける。そして正体を突き止めて安心する。それだけわからない対象に意味づけできないことへの恐怖感が日常にあふれているのだ。

だがもともと日本文化とは、ロラン・バルトが『表徴の帝国』のなかで西洋を「意味の世界」、日本を「表徴(記号)の世界」と位置づけたように、「記号に確固たる中身がない。それでも豊かに存在する」ものだった。それは世界を切り分け百科事典化するキリスト教的世界観と、世界の複雑さを複雑なまま受け入れようとする仏教的世界観の違いと言い換えることもできる。自分たち西洋人が長い時間をかけて必死に議論し、弁別し、定義づけてきたものは何なのかと、バルトは日本文化の形態に驚いたのである。

この日本文化独特の空虚さは、まさにさよポニ世界の特徴を言い当てている。ファンは音楽を通じてさよポニを知る。しかしその実態は空虚だ。名前や役割が存在しても、それを理解するには圧倒的に情報が少なすぎるし、何よりその背後に固着した意味があるという保証はない。中身が入れ替わろうと誰も気づくことはできないのだ。

音楽と同時にその世界を知るために重要な存在となっているのがマンガ3作品だ。写真など実体を裏付ける情報が全く存在しないさよポニの世界では、ファンはマンガに描かれたキャラクター、背景によってはじめてその世界を視覚的に同定することができる。最新作『星屑とコスモス』(集英社)はファンタジーと現実が入り交じる世界でボーカル3人の学園生活や恋を描く。日常の傍らにいるような、遥か遠くにいるような不思議に変化する距離感が本作品の魅力となっている。

だが、3作品のマンガが必ずしも連続性をもち、音楽世界にぴったりと寄り添っているわけではない。彼女達の日常を描いた第1作『きみのことば』。だが第2作『小さな森の大きな木』は異世界を舞台としており圧倒的にファンタジーの要素が強く、両者間に大きな断絶が存在する。そして3作目の『星屑とコスモス』(別冊マーガレット増刊「bianca」他、掲載)ではまた日常生活に近い世界で話が進んでいく。なぜこのような断絶やより戻しが起こるのか、さよポニ側から一切の説明も無く音楽とマンガの微妙なリンクは続いている。

もたらされる曖昧な設定や断絶。しかしそれは混乱や失望を生むのではなく、まるでさよポニから独自の鑑賞世界のつくりかたを提案されているように感じられる。受け手は与えられる情報を集積するのではなく、自らの想像力をもってより主体的にさよポニの世界を補強し柔軟にその世界の変化に対応していかなければいけない。それはさよポニの世界に自己投影し親和性を高めることに他ならない。

想像力ーー私たちはこの単語を前にすると言い表せないむず痒さを感じる。幻想や妄想と同義として使う場合、どうしても現実と乖離しているというネガティブな面が主張し、公に語ることがはばかられる。にもかかわらず、それを完全に否定することができないのは、自分の中に自分だけの世界を作ることへの憧れを捨てきれないからなのだろうか。

さよポニは軽やかに、誰でも調べればわかる意味で構成された世界ではなく、記号をつなぎとめるためのエーテル(空想)で満たされた世界へと私たちを誘う。恥じらい無く想像力を開放するフィールドがそこにはある。

日本文化は本来、矛盾や空虚、曖昧といった世にあふれる説明がつかない事象を自分の想像力で埋めることで自分なりの世界を作り、堪能することで形成されてきた。

さよポニは現代において同様の鑑賞世界を私たちに与えてくれる装置なのである。

文=いけだこういち
1975年、東京生まれ。マンガナイト執筆班 兼 みちのく営業所長。好きなジャンルは少女マンガ。谷川史子、志村貴子作品をマイ国宝に指定している。日々、大蔵省(妻)の厳しい監査(在庫調整)を受けながらマンガを買い続ける研究者系ライター。どうぞごひいきに。

ALICEY の一覧

  • 『おいしそう!再現したくなるグルメマンガ3選』を執筆
  • 『映画も大好評! 「orange」で大人女子が泣ける理由』を執筆
  • 『斎藤工に妄想を読まれる!? 映画「高台家の人々」をマンガで予習』にて執筆
  • 『山Pたちがゴキブリ退治?! 映画「テラフォーマーズ」をマンガで予習!』にて執筆
  • 『春、「出会い」と「別れ」を描いたマンガ3選』にて、選書と執筆
  • DOTPLACE の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • DOTPLACEで「マンガは拡張する[対話編+]」がスタート
  • 福田里香(お菓子研究家)×山内康裕:マンガは拡張する[対話編]1/5
  • マンガは拡張する の一覧

  • DOTPLACE連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第3回
  • DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開
  • 連載 「マンガは拡張する[対話編+]第6回 島田英二郎×山内康裕:「マンガ」は拡張するのか?」
  • DOTPLACE「マンガは拡張する[対話編+]第5回「田中圭一×柿崎俊道×山内康裕:兼業マンガ家・兼業編集者 」が公開
  • 野田彩子×豊田夢太郎×山内康裕:マンガは拡張する[対話編+]
  • DOTPLACE『菊池健×椙原誠×山内康裕:Webマンガと市場構造[前編]「電子書籍の普及でマンガ全体の売上は上がっている。その一方で……」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[後編]「海賊版を禁止して広がるのを止めてしまうのか、『いいから出しちゃえ』って進んだ人が結局最後に勝つのか。」』が公開
  • DOTPLACE『北本かおり×ドミニク・チェン×山内康裕:二次創作とライセンス[前編]「ただコンテンツを眺めるだけじゃなく、自由に使うことによって文化が成長する。」』が公開
  • DOTPLACEで「マンガは拡張する[対話編+]」がスタート
  • 福田里香(お菓子研究家)×山内康裕:マンガは拡張する[対話編]1/5
  • greenz.jp の一覧

  • 本を通して生まれる、新たなコミュニケーションとは? 選書のプロと一緒に、これからの本について考えてみよう(後編)
  • 選書することに、どんな意味があるの? 選書のプロと一緒に考える“本を通じた場所づくり”のヒントとは(前編)
  • マンガを使った新しいマネタイズとは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(後編)
  • マンガの新たな楽しみ方とは? 内沼晋太郎さんと語る、マンガの未来(前編)
  • マンガナイト×greenz.jpの新連載「マンガ×ソーシャルデザイン」開始!
  • PingMag の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガを持ってアキバに出よう 脱出ゲーム×マンガの可能性
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • 新たなマンガの生まれる場所
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • 日本人よ、もっとマンガを知れ:ガイマン賞に迫る
  • マンガの未来と過去をつなぐ場所「立川まんがぱーく」
  • マンガ→アートの原点を探る旅
  • 最新技術で楽しむ「藤子・F・不二雄」の世界
  • 日本発 〇〇マンガ5選 の一覧

  • マンガナイトセレクト ジャケ買いマンガ5選~日本マンガのブックデザイン~
  • マンガナイトセレクト お仕事マンガ5選~マンガでわかる日本のお仕事事情~
  • マンガナイトセレクト お花見マンガ5選:「花」から感じる日本の美意識
  • BEST of 2013 #4:マンガナイトセレクトの海外にも紹介したい漫画10選
  • ROOMIE の一覧

  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.6公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.5公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.4公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.3公開
  • 「ROOMIE」マンガ紹介連載 vol.2公開
  • STUDIO VOICE の一覧

  • 『聲の形』(大今良時)……正解を模索する曖昧な往来
  • 『文豪ストレイドックス』(朝霧カフカ 春河35)……原典へと誘う“キャラクター化”の効果
  • 『王様達のヴァイキング』(さだやす)……起業家、投資家、ハッカー。現実に肉薄する描写
  • 『ケンガイ』(大瑛ユキオ)……SNS以降、人間関係の着地点はどこにあるのか
  • 『放課後さいころ倶楽部』(中道裕大)……熱気を帯びつつあるアナログゲーム界隈
  • 『ドライブご飯SAグルメ日記』(末広有行)……サービスエリアという「一期一会」の楽しみ
  • 『flat』(青桐ナツ)……“オープン・パーソン”の平熱感
  • 『さよならソルシエ』(穂積)……「与えられなかったもの」の処世
  • 『Baby,ココロのママに!』(奥山ぷく)……「虚親化」という、現代の新たな現象をめぐって
  • 『限界集落温泉』(鈴木みそ)……オリンピックと併走する日本の現実
  • その他 の一覧

  • モーションコミックが魅せる「ULTRAMAN」のかっこよさ
  • 『オチビサン』の色彩の魅力がそのまま映像に マンガの世界を拡張する
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆”を寄稿
  • 作品レビュー“『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編「少年マンガらしさ」の体現”を寄稿
  • マンガ論争11に寄稿しました
  • 【アニメ!アニメ!】話題の有名人もゲスト声優に、「ONE PIECE」劇場3作品の意外な裏側
  • 【アニメ!アニメ!】国民的代表作『ONE PIECE』はデータで見てもスゴかった!
  • まんがStyle の一覧

  • 新雑誌「ヒバナ」ついに公式Webサイトが公開注目作品の魅力を編集部に聞いてみた!
  • 「わたしたちの」岡崎京子展 今日マチ子ギャラリートークレポート
  • 今どうして三原順なのか「没後20年展 三原順復活祭」に見る彼女の思索の深さ ファンの熱
  • ついにオープン、『ONE PIECE』初の大型テーマパーク 「東京ワンピースタワー」フォトレポート!
  • 展示取材記事「マンガ表現の可能性を実感 -聲の形-完結記念展 大今良時原画展」
  • 炸裂した『弱虫ペダル』作者の自転車愛、キャラ愛、ファン愛 渡辺航トークイベント「弱ペダナイト2」レポート
  • セリフは0、漫画の演出力を競う!サイレントマンガオーディション授賞式レポート
  • イベント取材記事『強い女の子は好きですか? もやしもん×純潔のマリア原画展』
  • マンガを育てるのは批評?キュレーション?中野発トークイベント「漫画家の登竜門を再考する(2)」
  • CLAMPのデビュー25周年!東京ソラマチ『カードキャプターさくら原画展』
  • グルマン給仕長のおかわりマンガ の一覧

  • 夏だ!祭りだ!お好み焼きマンガ3選
  • 消費税増税に負けるな! 家計も助かる「節約料理マンガ」3選
  • GW直前!旅がもっと楽しくなる「駅弁マンガ」3選
  • 甘党男子に捧ぐ、別腹スイーツマンガ3選
  • 早起きしてでも食べたい朝食漫画3選
  • まんが王国ラボ の一覧

  • まんが王国ラボにて『魔女と猫の話』『猫のとらじの長い一日』レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『ファンタジウム』(杉本亜未)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『わびれもの』(小坂俊史)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『サディスティック・19』(立花晶)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『未来の想い出』(藤子・F・不二雄)レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『バシズム 日本橋ヨヲコ短篇集』レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『鉄道少女漫画』『終電ちゃん』レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『まがいの器~古道具屋奇譚~』レビューを執筆
  • まんが王国ラボにて『魔人探偵脳噛ネウロ』レビューを執筆
  • まんが王国ラボにてレビュー記事「この手塚治虫がヤバい。タブー、猟奇、異常性癖……『漫画の神様』のエグい作品を改めて読む」を執筆
  • クリスクぷらす の一覧

  • クリスクぷらす にて「モブキャラなんてこの世に誰もいない『ぷらせぼくらぶ』」を執筆
  • 「通信制高校ってどんなところ? 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』」を執筆
  • シミルボン の一覧

  • シミルボンにて『自虐の詩』(業田良家)レビューを執筆
  • シミルボンにて『珈琲いかがでしょう』(コナリミサト)レビューを執筆
  • シミルボンにて『私は主人公』(桐島いつみ)レビューを執筆
  • シミルボンにて『特務戦隊シャインズマン』(橘皆無)レビューを執筆
  • シミルボンにて『どうにもこうにも』(日下直子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『地球へ…』(竹宮惠子)レビューを執筆
  • シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆
  • シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆
  • シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆
  • シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆
  • マンガ新聞 の一覧

  • マンガ新聞にて『銀魂』(空知英秋)レビューを執筆
  • マンガ新聞にてトークセッション「オタクともだちのつくりかた(…あわよくば結婚)」レポート記事を執筆
  • マンガ新聞にて『甲子園の空に笑え!』『おおきく振りかぶって』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『あげくの果てのカノン』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『君に届け』レビューを執筆
  • マンガ新聞にてレビュー記事「私たちはどうやってドラマ『おっさんずラブ』ロスを埋めればいいのか?――『関係性萌え』マンガを探す」を執筆
  • マンガ新聞にて『ハイキュー!!』『弱虫ペダル』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて「OTAKU MARRIED LIFE」イベントレポートを執筆
  • マンガ新聞にて『僕と君の大切な話』レビューを執筆
  • マンガ新聞にて『7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT』レビューを執筆