寄 稿

まんが王国ラボにてレビュー記事「この手塚治虫がヤバい。タブー、猟奇、異常性癖……『漫画の神様』のエグい作品を改めて読む」を執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵がレビュー記事「この手塚治虫がヤバい。タブー、猟奇、異常性癖……『漫画の神様』のエグい作品を改めて読む」を執筆しました。『奇子』『ばるぼら』『アラバスタ―』を紹介しています。

詳細はこちら
文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。