代表

山内康裕

1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。
2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。
イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。
また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。
主な実績は「立川まんがぱーく」「東京ワンピースタワー」「池袋シネマチ祭2014」「日本財団これも学習マンガだ!」「アニメorange展」等。
さいとう・たかを劇画文化財団」理事、「国際文化都市整備機構」監事も務める。共著は『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊(文藝春秋)』等。

青柳拓真

1992年生。10代の多くをシンガポールで過ごす。何度も読み返してきた漫画は「ジョジョの奇妙な冒険」、「鈴木先生」、「それでも町は廻っている」、「三月のライオン」、「魔人探偵脳噛ネウロ」など。漫画の面白さって何なんだろう、「漫画」ってどう定義できるんだろう…とか色んな作品を読んで考えるのが楽しい。オールラウンドなマンガ読みを目指して最近は恐る恐る少女漫画に挑戦中。

いけだこういち

1975年、東京生まれ。マンガナイト執筆班 兼 みちのく営業所長。好きなジャンルは少女マンガ。谷川史子、志村貴子作品をマイ国宝に指定している。日々、大蔵省(妻)の厳しい監査(在庫調整)を受けながらマンガを買い続ける研究者系ライター。どうぞごひいきに。

岩崎由美

文京区在住。得意技は、会議運営と「ThinkPad」によるタイピング。打ち合わせで最善策をメンバーに決めさせる技を持つ達人。一方で、「オシャレ番長」としてメンバーの美意識向上に邁進する。好んで読むのは今日マチ子さんや岡崎京子さんら女性の心を描いたマンガ。アート分野の造形も深く、美術鑑賞も趣味にしている。

牛尾敬子

マンガナイト内ではデザイン諸々と男性メンバー教育を担当。「週刊少年ジャンプ」「週刊少年サンデー」を読んでいた子ども時代から、なぜか「月刊アフタヌーン」に飛躍したマンガ歴を持つ。“聞こえやすい”声質を買われ、イベントでは「牛SHOUT」も披露(参照リンク)。今のお気に入りの作品は「帝一の國」「乙嫁語り」。マンガ以外の趣味は、文鳥とちゃーはんとアイススケート。

凹田カズナリ

ohta

街の文化を支える書店チェーンで勤務。平和台→早稲田→五反田店でコミック担当を歴任。現場で仕入れた知識を広めるべくマンガナイトにも参画。2011年~「このマンガがすごい!」「このマンガを読め」にもアンケートを寄稿。日本橋ヨヲコ、鶴田謙二、長田悠幸、阿部共実、きくち正太、山田穣、谷川史子、堀井貴介、沙村広明、松本藍、篠房六郎(敬称略・順不同)を筆頭にオールジャンル好きな漫画多数。

奥田奈保子

アートディレクター&グラフィックデザイナー / フリーランス / 東京都内在住 / 紙媒体を中心に、グラフィックデザインの仕事全般 / 最近の主な仕事に、「マンガナイトの本棚」「tonton」「HAPON Bazaar」「甘噛み 第2号」「キュッパのはくぶつかん ポスター」など / 現在、他メンバーと共に、新規・モノプロジェクト企画中 / 好きなマンガBEST3「コジコジ」「GOGOモンスター」「南瓜とマヨネーズ」 / nahokookuda.com

川俣綾加

kawamata

1984年生まれ福岡県出身。フリーライター、猫飼い。岡田モフリシャス名義で「小雪の怒ってなどいない!!」を「いぬのきもち ねこのきもち WEB MAGAZINE」にて連載中。ライターとしてのジャンルは漫画、アニメ、デザインなど。冒険も恋愛もホラーもSFも雑多に好きですが最終的になんとなく落ち着くのは笑える作品。人生の書は岡田あーみん作品とCLAMP作品です。個人ブログ「自分です。

木嶋雅史

kiji

1981年千葉県生まれ、立川在住。ITサービスに従事するかたわら、趣味の自転車で多摩中を巡っている。メンバー中最もマンガを読んでいない部類に入り、普段はもっぱら活字派だが、マンガナイトのオススメマンガを手に取るうちにマンガのおもしろさにはまり始めた今日この頃。ジャンプやマガジン世代で仮面ライダーが好き。最近はのりりんも好き。マンガナイトの他、奥多摩トレックリングという日帰りレンタサイクルツアーも定期的に開催している行動派。

黒木貴啓

1988年生、鹿児島出身、東京在住のライター。マンガナイトでは執筆を担当してます。ロックンロール、もしくは仮面が題材の漫画を収集&研究中。大橋裕之「音楽と漫画」、榎屋克優「日々ロック」、そして何よりハロルド作石「BECK」……日本人が成したことないロックの魔法を漫画のキャラが見せてくれるところに、希望を感じてしまいます。

小谷中宏太

1991年生。千葉県市川市出身。普段は、行政機関や不動産デベロッパー等に対して「人が集まり、賑わいが生まれる場」を企画・提案する仕事をしています。マンガナイトに参画した理由は、仕事の一環として、マンガが持つコミュニケーションツールとしての可能性に注目していたこともありますが、やはりマンガやアニメについて思いっきり語れる「場」に居たいということと、自分もそんな「場」を創ることに対して、力になりたいと思ったからかもしれません。マンガナイトではワークショップの運営と「日替わり推しマン」の執筆が中心ですが、何でもやります。お気軽にご連絡下さい。

坂井聖美

1981年生まれ。幼少の頃から父親の「モーニング」「ビッグコミック」等週刊誌を読んで育ったせいか、オヤジマンガを愛しすぎている。広告制作会社勤務の一方で、放浪癖が高じて地方と地方の接点をつくる活動をしたり。マンガナイトでは東北と東京をつなぐ「マンガ直行便」などを担当。連絡がつかないときは概ね山にのぼっています。

鈴木史恵

1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て現在は編集畑に。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

竹内尚大

埼玉県在住。マンガナイト内の役割は、営業管理に設営、イベント運営など。マイペースなメンバーの多い中、「社会常識を心得ている貴重な良識派」との声も強い。お酒の飲み方もサラリーマンを伺わせる。小学生で「キャプテン翼」「聖闘士星矢」を愛読。中学生からは三大少年誌(ジャンプ、マガジン、サンデー)を買い続け,これもまた実直な読者ぶりを発揮している。心のマンガは「今日から俺は!」など。マンガ以外の趣味はゲーム、ガンダム、酒、競馬。

竹内 恵

megumi

1984年、神奈川県生まれ。マンガナイト美術部。趣味はイラストを描くこと。ホラー漫画、少女漫画、美少女大好き。漫画家では伊藤潤二さん、タアモさんが好きです。

ふじた

fujita

イベントではブース担当。食べ物に対する執着心は人一倍。
初めて読んだ漫画は「火の鳥 望郷編」で、意味もわからず絵だけをひたすら見てました。
その後「うわさの姫子」にハマり、漫画人生スタート。小学●年生、なかよし、ぶ~け、ハロウィン、週間マーガレットなどを購読。1997~2001年頃のヤングサンデーの連載陣に好きな作品が多いです。

bookish

1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

本多正徳

1980年、広島生まれ。専門出版社勤務。マンガナイトではすっかりイジラれ担当になってしまった最近(!?)。男子校の寮でマンガの面白さに目覚めました。好きなジャンルはガロ系とヘタウマ系。藤子不二雄やつげ義春、水木しげるなどの古典的ナンバーも得意。心のマンガは『ダンドリくん(泉昌之)』『サルでも描けるまんが教室(相原コージ、竹熊健太郎)』でしょうか… ほかの趣味は読書、囲碁・将棋と悲しいほどのインドア派。ウェブサイト/グッズ制作を担当。

松尾奈々絵

1992年生まれ。都内の編プロにいます。好きな漫画家は内藤泰弘さん、西森博之さん。ルパンは次元派。

山口文子

1985年生まれ。映画制作を目指して迷走中。歌も詠む。マンガナイト見習いで、執筆などをお手伝い。
女子高時代、魚喃キリコの『短編集』をきっかけに、安野モヨコ、南Q太などフィールヤング系を読みあさる。その後、友達と「週10冊ずつオススメ漫画を交換する」修行を数ヶ月行い、興味のベクトルが全方向へ。
思い入れの強い漫画に『BANANA FISH』、『動物のお医者さん』、『ナンバー吾』。岡崎京子の影響を受け続けて今に至る。

山口麻衣

1996年生、長野県出身。漫画のジャンルは特にこだわらずに読むが、中でも少女漫画をよく読む。少年漫画はバトル物でもスポーツ物でも、とにかく主人公が熱い性格なものが好き。「となりの怪物くん」「電撃デイジー」「ONE PIECE」「アイシールド21」は何度読み返したかわからない。マンガナイトに入り、読んだことのないジャンルの漫画をたくさん知り、漫画に対しての興味が尽きない毎日である。

ヤマダナナコ

広島生まれ、マレーシア育ち、東京在住。
マンガナイトでは偶にイベントに参加したり、こっそり執筆したりしています。
兄の影響で少年ジャンプから漫画の世界に入り込み、その後なかよしやりぼんで育ちました。今では何でも読む雑食。
無条件で手に取るのは、いくえみ綾、吉田秋生、成田美名子、古谷実あたりの作家さん。
甘いものが大好き。食べ物を与えられていれば大体ご機嫌です。

ユハラカナ

ユハラです。
ふだんはIT企業で働いてます。小説アニメ漫画短詩、なんでもいけます。ジャンル問わず嗜みますが、起承転結のない淡々とした物語を好む傾向があります。ほかには和の文化にも興味があります。座禅とか盆栽とか。ユパというあだ名がつきやすく、ユパ様と呼ばれがちですが、ただの一般人です。

kukurer

マンガナイト内では極稀にイベントと極稀にライターを担当。月刊少年ジャンプ・マガジン・りぼん・ちゃお・週刊マガジンで幼少期、多感な時期を花とゆめと同人誌で過ごしました。
ハチミツとクローバー、not simple、高台家の人々、彼女とカメラと彼女の季節、夏の前日を通年推しています。わりと短編や短めのマンガが好みです。
マンガ以外の趣味は、ダイビングとスノーボードと映画。肉とかにみそが好物です。

kuu

マンガナイトではイベントのお手伝いと、執筆ちらほら。90年前後のなかよし、りぼんなどの影響をやや強く受けてますが、いろいろ読みます。好きな漫画家は、羽海野チカ、佐原ミズ。展覧会と舞台、可愛くて面白いものに心惹かれます。お茶とおいしいものにも。