2016年3月17日

いぬにほん印刷製版部

瀬野反人
うなった
電子に負けるな、印刷業界!

残業・社泊は当たり前の、ちょっとブラックな印刷会社を舞台にした業界マンガ。冷静に見ると過酷な環境でありながら、登場人物たちは努めて明るく前向きに働いているので、自分も頑張ろうという気持ちになれる。
絶え間なくトラブルに見舞われる一方で、淡々とした4コマ風のコマ割りと一定のテンポが、無限地獄のように終わらない日常を感じさせてちょっと怖い。振りかかる災難に、「紙の本が好き」という理由だけで立ち向かう健気な主人公や仲間たちには、いつか平穏が訪れてほしい!
読み終わったあと、カバーをめくった表紙にも2ページ分のマンガを発見した時は、得をした気分になった。あと、このマンガを刷った印刷所の人は内容を読んだのか、そしてどのような感想を持ったのかが少し気になる。

文=本多正徳
1980年、広島生まれ。専門出版社勤務。マンガナイトではすっかりイジラれ担当になってしまった最近(!?)。男子校の寮でマンガの面白さに目覚めました。好きなジャンルはガロ系とヘタウマ系。藤子不二雄やつげ義春、水木しげるなどの古典的ナンバーも得意。心のマンガは『ダンドリくん(泉昌之)』『サルでも描けるまんが教室(相原コージ、竹熊健太郎)』でしょうか… ほかの趣味は読書、囲碁・将棋と悲しいほどのインドア派。ウェブサイト/グッズ制作を担当。