manganight のすべての投稿

シミルボンにて『滝田ゆう落語劇場』レビューを執筆

シミルボンでの連載「『ブックパス読み放題』で名作コミック発掘」第6回にて、鈴木史恵が『滝田ゆう落語劇場』(滝田ゆう)レビュー記事「奇跡のような「古典落語のマンガ化」作品――『滝田ゆう落語劇場』」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

まんが王国ラボにて『バシズム 日本橋ヨヲコ短篇集』レビューを執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵がレビュー記事「血が沸騰するような熱を感じたければバシ漫画を読め!『バシズム 日本橋ヨヲコ短篇集』」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

シミルボンにて『ツンドラブルーアイス』レビューを執筆

シミルボンでの連載「『ブックパス読み放題』で名作コミック発掘」第5回にて、kuuが『ツンドラブルーアイス』(安野モヨコ)レビュー記事「暑い夏こそ読みたい1冊 『ツンドラブルーアイス』」を執筆しました。

文=kuu
マンガナイトではイベントのお手伝いと、執筆ちらほら。90年前後のなかよし、りぼんなどの影響をやや強く受けてますが、いろいろ読みます。好きな漫画家は、羽海野チカ、佐原ミズ。展覧会と舞台、可愛くて面白いものに心惹かれます。お茶とおいしいものにも。

マンガ新聞にて『あげくの果てのカノン』レビューを執筆

マンガ新聞にて、bookishが『あげくの果てのカノン』(米代恭)レビュー記事「人を好きになるのが少し怖くなる一作『あげくの果てのカノン』」を執筆しました。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

シミルボンにて『おのぼり物語』レビューを執筆

シミルボンでの連載「『ブックパス読み放題』で名作コミック発掘」第4回にて、『おのぼり物語』(カラスヤサトシ)のレビュー記事「素朴でリアルで笑えて泣ける、あるマンガ家の実直な記録――『おのぼり物語』」を鈴木史恵が執筆しています。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

まんが王国ラボにて『鉄道少女漫画』『終電ちゃん』レビューを執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵が『鉄道少女漫画』(中村明日美子)、『終電ちゃん』(藤本正二)レビュー記事「電車が運ぶ物語たち。ちょっと変わった”鉄道漫画”で小さな旅に」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

シミルボンにて『いつか咲く花』レビューを執筆

シミルボンでの連載「『ブックパス読み放題』で名作コミック発掘」第3回にて、『いつか咲く花』(庭りか)のレビュー記事「お金か人のつながりか――幸福感に必要なものを教えてくれる『いつか咲く花』」をbookishが執筆しています。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

まんが王国ラボにて『まがいの器~古道具屋奇譚~』レビューを執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵が『まがいの器~古道具屋奇譚~』(水木由真)のレビュー記事「1本の映画を観るような読書体験。 読み応え満点の不思議なオムニバス『まがいの器~古道具屋奇譚~』」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

シミルボンにて『幕張サボテンキャンパス』レビューを執筆

シミルボンでの連載「『ブックパス読み放題』で名作コミック発掘」第2回にて、『幕張サボテンキャンパス』(みずしな孝之)のレビュー記事「ゆるくて楽しい“あの頃”の大学生活。『幕張サボテンキャンパス』」を鈴木史恵が執筆しています。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

シミルボンにて『リストランテ・パラディーゾ』レビューを執筆

シミルボンにて、「ブックパス読み放題」対象マンガ作品のレビュー連載が始まりました。
毎週金曜日に更新予定です。
https://shimirubon.jp/series/494

第1回として、『リストランテ・パラディーゾ』(オノ・ナツメ)のレビュー記事「1日の終わりに小さな幸せを―『リストランテ・パラディーゾ』」をkuuが執筆しています。

文=kuu
マンガナイトではイベントのお手伝いと、執筆ちらほら。90年前後のなかよし、りぼんなどの影響をやや強く受けてますが、いろいろ読みます。好きな漫画家は、羽海野チカ、佐原ミズ。展覧会と舞台、可愛くて面白いものに心惹かれます。お茶とおいしいものにも。

マンガ新聞にて『君に届け』レビューを執筆

マンガ新聞にて、bookishが『君に届け』(椎名軽穂)レビュー記事「地元を離れる女の子、人とのつながり-『君に届け』は届いてからが面白い」を執筆しました。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

まんが王国ラボにて『魔人探偵脳噛ネウロ』レビューを執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵がレビュー記事「異端の名作!?『魔人探偵脳噛ネウロ』は漫画を読む喜びに満ちている」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

まんが王国ラボにてレビュー記事「この手塚治虫がヤバい。タブー、猟奇、異常性癖……『漫画の神様』のエグい作品を改めて読む」を執筆

まんが王国ラボにて、鈴木史恵がレビュー記事「この手塚治虫がヤバい。タブー、猟奇、異常性癖……『漫画の神様』のエグい作品を改めて読む」を執筆しました。『奇子』『ばるぼら』『アラバスタ―』を紹介しています。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

マンガ新聞にてレビュー記事「私たちはどうやってドラマ『おっさんずラブ』ロスを埋めればいいのか?――『関係性萌え』マンガを探す」を執筆

マンガ新聞にて、bookishがレビュー記事「私たちはどうやってドラマ『おっさんずラブ』ロスを埋めればいいのか?――『関係性萌え』マンガを探す」を執筆しました。『同級生』(中村明日美子)『どうしても触れたくない』(ヨネダコウ)等に触れています。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

まんが王国ラボにて『雪の下のクオリア』『兄の忠告』レビューを執筆

「まんが王国ラボ」にて、鈴木史恵が『雪の下のクオリア』(紀伊カンナ)、『兄の忠告』(朝田ねむい)のレビュー記事「漫画が好きなら、避けるのはもったいない。誰でも読めて絶対面白いBLあります!」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

まんが王国ラボにて『花もて語れ』レビューを執筆

【執筆】電子コミック配信サービス「まんが王国」が手がけるマンガ情報メディア「まんが王国ラボ」にて、鈴木史恵が『花もて語れ』(片山ユキヲ)のレビュー記事「文学と仕事と恋と友情。唯一無二の“王道”文芸エンタメ漫画『花もて語れ』」を執筆しました。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガナイトではイベントのお手伝い、ちょい執筆などを時々したりしなかったり。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は音楽、舞台、最近は映画も。

マンガ新聞にて『ハイキュー!!』『弱虫ペダル』レビューを執筆

マンガ新聞にて、bookishが『ハイキュー!!』(古舘春一)、『弱虫ペダル』(渡辺航)のレビュー記事「スターに出会って苦しい普通の人は、田中・手嶋両先輩を目指そう――『ハイキュー!!』『弱虫ペダル』のサブキャラの魅力」を執筆しました。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

マンガ新聞にて「OTAKU MARRIED LIFE」イベントレポートを執筆

マンガ新聞にて、アニメ・マンガ・ゲームファン向け結婚相談サービス「とら婚」主催のトークセッション「OTAKU MARRIED LIFE」のレポート記事をbookishが執筆しました。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。

DOTPLACEにてシリーズ連載「未明のマンガ論―マンガは拡張する3.0」第1回公開

【連載】DOTPLACEにて2013年より連載開始した「マンガは拡張する」の新シリーズ、「未明のマンガ論ーマンガは拡張する3.0」がスタートしました。リレー形式で複数の執筆者が今のマンガを取り巻く状況について語っていきます。本日公開の第1回は、代表山内康裕が担当しています。

文=山内康裕
1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。 2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。 イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。 また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。 主な実績は「立川まんがぱーく」「東京ワンピースタワー」「池袋シネマチ祭2014」「日本財団これも学習マンガだ!」「アニメorange展」等。 「さいとう・たかを劇画文化財団」理事、「国際文化都市整備機構」監事も務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方(集英社)』、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊(文藝春秋)』等。

マンガ新聞にて『僕と君の大切な話』レビューを執筆

マンガ新聞にて、bookishが『僕と君の大切な話』(ろびこ)のレビュー記事「男女のギャップを埋める『僕と君の大切な話』」を執筆しました。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。