展 示
2020/3/25(水)4/10(金)

コミックス第1巻発売記念『風太郎不戦日記』企画展

このたびマンガナイトBOOKSでは、コミックス第1巻の発売を記念して、「モーニング」(講談社)にて連載中の『風太郎不戦日記』(原作:山田風太郎/漫画:勝田文)企画展を3月25日(水)~4月10日(金)の期間で行います。
会場では『風太郎不戦日記』複製原画展示のほか、ネーム(一部・複製)や描きおろし色紙の展示、勝田文氏サイン本(数量限定)の販売も行う予定です。

▼『風太郎不戦日記』企画展 開催概要
【会期】 2020/3/25(水)~2020/4/10(金) 14:30~19:00(18:30ラストオーダー)
※日・月・祝定休日 ※不定期でBAR営業(~22:00、21:30ラストオーダー)あり、詳細は公式ウェブサイトにて告知
【会場】
〒112-0003 東京都文京区春日2-14-9 SPICE 1F マンガナイトBOOKS
都営地下鉄「春日」、東京メトロ「後楽園」より徒歩14分/東京メトロ「茗荷谷」より徒歩10分
都営バス「春日二丁目」下車0分(都02系統)              
【入場料】                              
無料(店内マンガ閲覧には1ドリンク以上のオーダー必要)

▼作家プロフィール・作品情報
◇勝田文(漫画) かつた・ぶん     
漫画家。愛知県出身。1998年、集英社「YOUNG YOU」でデビュー。 主な作品に『マリーマリーマリー』 『小僧の寿し』(以上、集英社刊)、 『プリーズ、ジーヴス』(原作 P・G・ウッドハウス/白泉社刊)など。

◇山田風太郎(原作) やまだ・ふうたろう
1922年(大正11年)兵庫県生まれ。東京医科大学在学中の’47年、探偵小説誌「宝石」の第1回懸賞募集に「達磨峠の事件」が入選。’49年に「眼中の悪魔」「虚像淫楽」の2編で日本探偵作家クラブ賞短編賞を受賞。’58年から始めた「忍法帖」シリーズでは『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの作品があり爆発的ブームに。2001年7月28日、79歳で逝去。『戦中派不戦日記』は’71年に刊行した。

<『風太郎不戦日記』作品情報>
「忍法帖」シリーズなどでおなじみ、昭和の大作家・山田風太郎が医学生だった昭和20年に綴った『戦中派不戦日記』を、『マリーマリーマリー』『プリーズ、ジーヴス』シリーズの勝田文がコミカライズ。戦地に赴くことがなかった山田青年は、その葛藤を抱えながらも、当時の日本の様子や問題点を、ときに鋭く、ときに感情的に、日々書き続けた。日本のターニングポイントとなった昭和20年は、彼の目にどう映ったか!?
作品公式Twitter:https://twitter.com/fusendiary