2018年12月26日

おふろどうぞ

渡辺ペコ
うなった
不倫に自問自答、日常からの逃避 おふろで身も心も裸になる7つのドラマ

「前にセックスしたのいつだっけ」「『好きだ』って言われたのいつだっけ」50歳既婚の編集者に迫られ、家の湯船で気持ちを整理する35歳の独身イラストレーター。本作は「おふろ」という身も心も裸になる非日常空間を舞台に、異なる人間ドラマを7本収録。母が知らない男と入っていった旅館で、尾行に付き合ってくれたセックスレス中の彼氏と入る個室風呂。部下や妻へのストレスが頂点に達し、仕事をサボって入るスーパー銭湯。心身リラックスするおふろだからこそ、外界と遮断されたおふろだからこそ、湧きあがる思いを切り取る。

文=黒木貴啓
1988年生、鹿児島出身、東京在住のライター。マンガナイトでは執筆を担当してます。ロックンロール、もしくは仮面が題材の漫画を収集&研究中。大橋裕之「音楽と漫画」、榎屋克優「日々ロック」、そして何よりハロルド作石「BECK」……日本人が成したことないロックの魔法を漫画のキャラが見せてくれるところに、希望を感じてしまいます。