2018年11月28日

それでも町は廻っている

石黒正数
うなった

石黒正数代表作。突然メイド喫茶になった喫茶店シーサイドで働く嵐山歩鳥の高校3年間の物語。SFあり、人情あり、ユーモアあり、ホラーあり…。既存のジャンルに当てはめることは難しいが、日々の生活のふとした面白さを、マンガというメディアだからこそできる形で提示してくれる本作。何度読んでも新しい発見があり、「廻」り続けるそれ町の世界はいつ訪れても最高に魅力的。

文=青柳拓真
1992年生。10代の多くをシンガポールで過ごす。何度も読み返してきた漫画は「ジョジョの奇妙な冒険」、「鈴木先生」、「それでも町は廻っている」、「三月のライオン」、「魔人探偵脳噛ネウロ」など。漫画の面白さって何なんだろう、「漫画」ってどう定義できるんだろう…とか色んな作品を読んで考えるのが楽しい。オールラウンドなマンガ読みを目指して最近は恐る恐る少女漫画に挑戦中。