2018年10月10日

ねじ式

つげ義春
うなった

高校は男子校で、寮に住んでいて、寮の中で漫画が回ってくるのが日常でした。すごくたくさんの量があったけど、その中でも天久聖一の作品と『ねじ式』と『サルでも描けるまんが教室』は特に記憶に残っていて。『ねじ式』は、絵のきれいさとか、文芸的な間の取り方が、ほかにはなくて革新的でした。今の自分の趣味嗜好の形成は、その寮生活のなかで作られたと思います。

文=本多正徳
1980年、広島生まれ。専門出版社勤務。マンガナイトではすっかりイジラれ担当になってしまった最近(!?)。男子校の寮でマンガの面白さに目覚めました。好きなジャンルはガロ系とヘタウマ系。藤子不二雄やつげ義春、水木しげるなどの古典的ナンバーも得意。心のマンガは『ダンドリくん(泉昌之)』『サルでも描けるまんが教室(相原コージ、竹熊健太郎)』でしょうか… ほかの趣味は読書、囲碁・将棋と悲しいほどのインドア派。ウェブサイト/グッズ制作を担当。