2018年12月26日

エルフ湯つからば

西義之
うなった
異世界冒険者を癒すのもお風呂屋さんだった

未知のものと戦い、お宝を探す異世界の冒険者の物語。わくわく読みながら現代人として気になるのは「この人たち、いつお風呂に入るのだろう」ということ。そんな疑問に応えてくれるのが本作。
まるで幻のオアシスのように、心身ともに疲弊した冒険者の前だけに現れ、圧倒的なお風呂力で冒険者を生まれ変わらせる「エルフ湯」。知恵とパワーを持つ店主が独自に配合する薬湯は、その効能の但し書きでマンガの登場人物だけでなく、読者の私たちの癒しにも。
読み進めていくうちに、自然とお風呂の力を再認識し、入浴が恋しくなります。

文=bookish
1981年生まれ。「ドラえもん」「ブラック・ジャック」から「週刊少年ジャンプ」へと順当なまんが道を邁進。途中で「りぼん」「なかよし」「マーガレット」も加わりました。主食はいまでも少年マンガですが、おもしろければどんなジャンルも読むので常におもしろい作品を募集。歴史や壮大な物語をベースにしたマンガが好み。マンガ評論を勉強中。マンガナイト内では「STUDIOVOICE」のコラムなど書き物担当になっています。マンガ以外の趣味は、読書に舞台鑑賞。最近はサイクリングも。