2018年10月10日

ヘルタースケルター

岡崎京子
うなった

高校生のときにヴィレッジヴァンガードで平積みにされていて、表紙のインパクトに思わず手に取った。それが初めての岡崎京子との出会い。
主人公のりりこはトップモデルで誰もが憧れる存在。でも本人は圧倒的な孤独を持て余し、自分でもくだらないと思う行動ばかりとってしまう。
美容整形の副作用や仕事のストレスで、心身ともに蝕まれていき……でも、全て自分の選んできた道であり「進むしかない」と突っ走る。
自分の好きなように生きていいんだ、と、読むたびに彼女の力強さに鼓舞されます。

文=山口文子
1985年生まれ。映画制作を目指して迷走中。歌も詠む。マンガナイト見習いで、執筆などをお手伝い。 女子高時代、魚喃キリコの『短編集』をきっかけに、安野モヨコ、南Q太などフィールヤング系を読みあさる。その後、友達と「週10冊ずつオススメ漫画を交換する」修行を数ヶ月行い、興味のベクトルが全方向へ。 思い入れの強い漫画に『BANANA FISH』、『動物のお医者さん』、『ナンバー吾』。岡崎京子の影響を受け続けて今に至る。