2018年10月10日

半神

萩尾望都
うなった

腰のところがつながって生まれた双子の少女、ユージ―とユーシー。ふたりは体の機能を共有していて、ユージーは賢いけれども栄養状態が悪く、ユーシーは知能は低いけれども天使のように愛らしい美貌の持ち主。生まれてから16年の間にふたりの身に起こった出来事が、ユージ―の視点で淡々と語られます。中学生の時に初めて読んで、たった16ページのマンガで、こんなにも深く人間の業について考えさせられたことに衝撃を受けました。マンガという表現の持つ力を実感した作品です。

文=鈴木史恵
1986年2月生まれ、千葉県出身。おもちゃメーカー勤務を経て編集・執筆業へ。マンガ好きとしての原点は物心つく以前から触れてきた手塚治虫と藤子・F・不二雄。24年組、80年代ニューウェーブ、ガロ系、それらの系譜にある青年マンガを中心に、面白そうなものは何でも読みます。マンガ以外の趣味は好きなバンドのライブや映画鑑賞など。